Now Reading
ミラノでは、老舗カフェ「マルケージ 1824」から巨大アーケードのガッレリアを優雅に眺めよう。

ミラノでは、老舗カフェ「マルケージ 1824」から巨大アーケードのガッレリアを優雅に眺めよう。

なんと完成したのは1867年という、ミラノを代表する観光スポットでもある巨大アーケード「ガッレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」。えらく長い名前は、イタリア王国初代国王のものだ。

ファッションの都、ミラノならでは、アーケード内には一流ブランドショップがずらり。

ルイヴィトンはちょうど草間彌生とのコラボを実施中(2023年1月)

日本では徳川慶喜が大政奉還を行った頃にできた歴史あるアーケードで、美しいモザイク画やきらめくガラスドームの屋根を見物するのは楽しいけれど、こと買い物となると、正直自分とは縁がない世界である。プラダやグッチ、シャネルが並んでても、買えるもんないわ

そんなあなたや私にも楽しめる、華麗なるアーケードでのお楽しみとは……

かわいいカフェからアーケードを高みの見物♪

このロマンティックなカフェは、1824年創業のミラノの有名パティスリー(イタリア語ではパスティッチェリア)「マルケージ 1824」。なんと今やプラダグループの一員でもある。

ミラノ市内に3店舗を構えるが、観光客にもアクセスしやすく、ミラノならではの優雅な眺めを堪能するなら、迷わずこの「ガッレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」店へ。

プラダ・メンズストアの2階にあり、観光客で賑わうアーケードの真ん中を見下ろすことができるのだ。

店内にはスタンディングで気軽にケーキやペストリーを楽しめるエリアと(眺めがいいのは断然ここ)、テーブル席がある。

テーブル席は結構混み合っているので、レジで名前を伝えて外のソファで待つのが一般的。スタンディング席はもっと気軽に利用できる。

ミラノの銘菓、パネットーネもスタンバイ。
ケーキだけじゃなくパンなども並ぶ。

私は疲れていたのでテーブル席をチョイス。平日の4時くらいで、割と待たずに座ることができた。

さて、どんなケーキがあるのか、ちょっと見てみましょうかね。

どれも美味しそう!
ミニケーキもあるので、ちょっとだけ甘いものが欲しいときも便利。

目移りしていると、親切な店員さんがひとつひとつケーキの説明を英語でしてくれる。今回は日本でもおなじみ、ティラミスに決定!

See Also
フィレンツェ

アメリカーノは、エスプレッソとお湯がサーブされ、自分で好みの濃さにするシステム。ティラミスは日本で食べたもののほぼ倍の大きさでボリュームたっぷり。上品な甘さで日本人好みの味、美味しかった♡

コーヒーとケーキで合計18ユーロ(1ユーロ 140円換算だと2,520円)。安くはないけど、超高級品しかないアーケードで楽しむアトラクションとしてはお手頃と言えるかも。

店の雰囲気は言ってみれば、日本でもお馴染みのラデュレっぽく、砂糖菓子のようなガーリーさ。お土産のお菓子も、女の子の夢みたいにかわいい。

個人的には、プラダやシャネルの袋を抱えたミラノのイケイケのおばさま方が、ソファ席でマシンガントークを楽しむ様子をそばで眺められて楽しかった。

朝早くから夜まで営業しており、朝食、ランチ、ティータイムにアペロまで便利に使える貴重な一軒。ドゥオーモからもすぐなので、観光帰りにぜひ華麗なるアーケードを上から眺める貴重な体験を。

<店舗情報>
Marchesi 1824 Galleria Vittorio Emanuele II

営業時間:7.30 am – 8 pm
公式サイト(英語):https://www.pasticceriamarchesi.com/ww/en.html

<ミラノの記事>
・・ミラノの人気観光地、巨大アーケード「ガッレリア」で体験したい5つのこと。
ミラノの名所“ガッレリア”で本場のカンパリソーダを楽しむ、優雅なアペリティーボ。
イタリアオペラ界の最高峰、ミラノのスカラ座の天井桟敷席でオペラ鑑賞デビュー。【ヴェルディ「シチリアの晩鐘」】

ミラノに行くのは月末がベスト!? ミラノ最大の骨董市、ナヴィリオ・グランデの蚤の市が楽しい。

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
1
Scroll To Top