Now Reading
ギリシャ・クレタ島の定番朝ごはん、甘じょっぱい絶品ペストリー「ブガッツァ」をご存知?【世界名物料理紀行】

ギリシャ・クレタ島の定番朝ごはん、甘じょっぱい絶品ペストリー「ブガッツァ」をご存知?【世界名物料理紀行】

クノッソス宮殿で有名なギリシャのクレタ島。その第二の都市、ハニア(Chania)名物の朝ごはんといえば、こちらのブガッツァ(Bougatsa)である。

これは、クレタ島名物のミジスラ(Myzithra)という塩味の白いチーズを、パリパリ、カリカリの薄いパイ生地に挟んで焼いたもの。

こんなふうに出来上がっているブガッツァは、注文したらその場でもう一度焼き直してくれて、食べやすいように一口サイズにザクザクと切ってくれる。

このナイフで切る音も美味しそうなのよ!

テーブルの上にはグラニュー糖とシナモンの瓶がスタンバイ。これらをかけて食べよ、とのこと。ほっかほかでカリカリの生地とともに味わう、甘さとしょっぱさのハーモニー正直うなるほど美味しい!

とろりとしたギリシャコーヒーとの相性も抜群。これ、日本に持ってきても流行ると思う。

以前YouTubeで一目見たときから一度は食べてみたい、と思っていたブガッツァ。私がいただいたのは、その名も「Bougatsa Chania」という名前の小さなカフェ。なんと朝6時から営業している。

ハニア旧市街からもすぐ。こじんまりとした食堂だが、朝はひっきりなしに客が訪れる。

Wikipediaによれば、ブガッツァの歴史はわりと浅く、1920年代初頭にコンスタンチノープル(今のイスタンブール)にいたギリシャ人難民によってギリシャに持ち込まれたんだとか。

See Also
マルタ島ビルグ

今ではブガッツァはギリシャ各地にあるが、地域によって肉が入ったり、甘いカスタードクリーム入りだったりと味もさまざまらしい。ただ、クレタ島、特にハニアではこの甘じょっぱいバージョンがスタンダード。

ちなみに、ハニアならどこにでもあるだろうと、目についたカフェに入って頼んだブガッツァは私が思い描いていたしょっぱいやつではなく、甘いカスタードクリーム入り。

とあるカフェで頼んだブガッツァ。なんか思ってたんと違う…!
カスタードクリーム入りのパイ。美味しかったけど、知ってる味。

なので、もしクレタならではの甘じょっぱいチーズ入りのブガッツァが食べたければ、店に入る前にGoogle Mapなどで写真の確認が必須。冒頭で紹介したようにこぶりにカットしているものなら、たぶんビンゴ!です。

<関連記事>
ギリシャのクレタ島、クノッソス宮殿以外に何があるんですか?

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
Scroll To Top