トリッププランナートップ > ピックアップ > まるごとかわいい! イギリスのエマ・ブリッジウォーターのファクトリー

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

まるごとかわいい! イギリスのエマ・ブリッジウォーターのファクトリー

更新:2017年03月31日
みきP

イギリス陶器の里にある、日本でも大人気の食器ブランド、エマ・ブリッジウォーターの工場へ。見て、作って、味わって、買う。エマの世界にたっぷり浸れるとっておきの旅行プランをご紹介します。

ポップでカラフルなデザインで、長年世界の女性たちの乙女心をわしづかみにし続けている、イギリスの陶器メーカー、エマブリッジウォーター。
1985年創業と比較的新しめのブランドながら、今や英国ロイヤルベイビー誕生記念のマグカップを手がけるほどの国民的ブランドに成長しています。日本にもファンが多いですよね。

今回はイギリスを代表する陶器の町、「ストーク・オン・トレント」にあるエマの工場で体験した、かわいい尽くしのファクトリーツアーの様子をお届けします。

人気のポルカドットが並ぶようす。キッチンがぱっと明るくなりそう。

工場見学、絵付け体験、かわいいカフェでランチやお茶と、見て、触って、味わって、エマの世界をまるごと体験できる夢のようなファクトリー。それではさっそく、私と一緒に写真で楽しむバーチャルファクトリーツアーに出発しましょう!

工場の外観がこちら。歴史を感じる赤レンガの工場がいかにもイギリス!という風情でぐっと来てしまいます。



エマを代表するポップな水玉、ポルカドット柄の看板が添えられるだけで、重厚なレンガの工場も花が咲いたようにかわいく変身。 ティーカップとポットの看板かわいすぎるので売って欲しい。どこに飾ればいいかわからないけど欲しい!

こちらが工場内部。スポンジスタンプを使って今、まさにエマ・ブリッジウォーターの食器が生まれています。職人さんたちの手際の良さにうっとり。

焼いてもらうのを待って整列している子たち。かわいいだけじゃなくてエレガントな柄だってあるんですわよ。

工場を見学した後は、併設されているデザインファクトリーへ。ここでエマのスタンプを使って、オリジナル食器作りにチャレンジできるのです。

絵付け体験エリアも手抜かり無くかわいい。

それではまず、絵付けしてみたい食器を選んで、

スタッフの方にやり方を教わって、

ずらりと並ぶ中から使いたいスポンジをピックアップし、

あとはぺたぺたとスタンプを押したりフリーハンドで絵を足したり。
絵は描けなくても大丈夫。スタンプをどう配置するかと色の選び方のセンスさえあれば、とっておきのオリジナル食器が簡単に作れちゃいますよ。でもその色選びとスタンプの押しどころが思ったより結構難易度高くて、あらためて職人さんたちの腕とセンスに脱帽。
まぁ記念ですから、気負わずに。焼き上がったら配送してくれるサービス(有料)があるので、帰国後のお楽しみも増えますよ。

絵付け体験が終ったら、併設のカフェエリアにも足を運んでみましょう。こちらもまるごとエマの世界でそれはそれはかわいいカフェ。かわいくないところが見つからない夢の空間!

エマの食器でいただくとサンドイッチまでかわいい。

食事の後はアウトレット価格がうれしいファクトリーショップへ。ここでかわいいワールドもクライマックスを迎えます。

後で写真を眺めてて気づいたけど真ん中に水玉の長靴が見えます。完全に見落としていました。今からでも戻って買いたい。

このファクトリーの近くにはこれまた日本で大人気のバーレイ ファクトリーや、ワールド・オブ・ウェッジウッドウェッジウッドマニア&ロイヤル・ドルトン アウトレットストアもあるので、うつわ好きは興奮しっぱなしです。重い荷物向けの梱包用品をたっぷり持って、がっちりしたスーツケースで挑むことをおすすめします!(みきP)

<ファクトリーツアーの概要>
ファクトリーツアーはスタッフが働いている平日のみ。完全事前予約制で、月から金は朝10時, 11時30分と午後 1時30分の3回実施。金曜日は午前中の2回のみ。大人一人2.5ポンド。

<絵付け体験の概要>
毎日朝9:30から午後2:45まで(※日曜儀は 10:00から 1:45まで)。選んだ食器の料金プラス1人 2.95ポンドのスタジオ利用料。その他、焼き上がりの際の配送料がかかります。

いずれもオンラインで申込めるので、詳しくは公式サイトをご覧下さい。イースターやクリスマス等お休みの時があるのであわせてチェックを。(上記は公式サイトに記載された情報であり、2017年3月時点のものです)

関連するトリッププラン

ページの先頭へ