トリッププランナートップ > ピックアップ > 高級品は愛で出来ていたのです。ロンドンの老舗テーラー「ヘンリー・プール」で温かい「もの作り」と出会う。

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
バーレイ社のかわいいカフェ
Vol.37

高級品は愛で出来ていたのです。ロンドンの老舗テーラー「ヘンリー・プール」で温かい「もの作り」と出会う。

トリッププランナー編集部

About マンチェスター&ロンドンの旅

キャセイパシフィック航空と英国政府観光庁が共同でブロガーやオンライン旅メディア運営者を対象に参加者を公募した旅企画。トリッププランナーも選出され、 1月30日から2月5日まで旅してきました。旅程や参加ブロガー詳細はこちら⇒キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドン ブロガー体験レポートの旅!

イギリスというより、世界のスーツの歴史を作ったといっていい、ロンドンのサヴィル・ロウ最古のテーラーヘンリー・プール。お店があるサヴィル・ロウは日本の「背広」の語源にもなっていて、「スーツの聖地」と呼ばれています。

イギリス
サヴィルロウ=せびろ、わかりやすい。
イギリス
近代日本きってのダンディ、白洲次郎もひいきにしていたスーツの名店。

チャーチル、ナポレオン三世、エドワード7世、J・P・モルガン、日本では昭和天皇や吉田茂、白洲次郎など、その顧客リストには歴史に残る世界のセレブリティの名が連なり、店内は一部ミュージアムのようになっています。 ちなみに二代目であるヘンリープールはイブニングジャケット(今でいうタキシード)を考案したそうで、当時としてはかなり先進的なクリエイターでありデザイナーだったよう。

ヘンリープール店内
老舗らしい風格をたたえた店内
ヘンリープール店内
サヴィルロウでもわずか2店しかない貴重な創業者一族のテーラー。長い年表の前でその歴史を説明してくださったのは七代目のサイモンさん。
ヘンリープール店内
店内に飾られていたチャーチルがヘンリー・プールの名物ストライプを着ている一枚。かっこいいおじいちゃん!

チャーチルが愛用したことで世界的に有名になったフランネルのチョークストライプのスーツは今も変わらず人気で、このスーツを着ていると、ロンドンのジェントルマンズ・クラブでは「あ、チャーチルのストライプだね」と声をかけられるそう。ちなみにここでスーツを仕立てる場合のお値段の相場は、一着約4,000ポンドから(日本円にすると約73万円ほど)。
……正直言って、自分にはまったく縁のない、どこかの社交界の、あるいは世界のビジネスエリートたちのためのお店であり、足を踏み入れることなどないと思っていた別世界中の別世界です。

ヘンリープール店内
英国王室の礼服を作る部門もある。ちょうど運良く、礼服を納品する前で撮影させてもらえました。

けれども、今回取材ということで特別に地階の縫製工場を見学させてもらって、異国の遠い遠い存在だったと思っていたお店が、たとえていえば老舗の日本橋の鰹節店のような、あるいは京都の織物店のような、とても近しい、自分が良く知っている世界のように感じられたから不思議です。

ヘンリープール店内
カメラを向けるとおどけて見せてくれた熟練の職人さん
ヘンリープール店内
アンティークショップで見かけるような年代物のミシン。

どこかの博物館に納めてもいいくらいの年代物のミシンやアイロンを手にスーツを縫う職人さんたちの多くは、もうおじいさんと呼んでいい年代。 「機械が変わるとかえっていい仕事ができなくなるんだよ」と七代目当主のサイモンさんは説明します。仕事中のスタッフにも暖かい言葉をかけ、それに笑顔で答える職人さんたちの間に流れる空気は完全に「ファミリー」。

ヘンリープール店内
孫の写真を飾って仕事中。

孫やペットの写真を自分の作業机に飾り、楽しそうに働く職人さんたちの姿は、ちょっと涙が出るほど感動的。ここ、サヴィル・ロウで創業者一族が今も経営しているテーラーはわずか2店のみということで、ファミリービジネスならではの暖かさと愛を感じます。

縫製などの仕事が発展途上国の安い労働力に移動している昨今の風潮からすると、今もロンドンの一等地で、昔からの職人を抱えてもの作りを続けていることはまるで奇跡のよう。ヘンリー・プールは、ロンドンきっての老舗として、その作り手との関係性を含めて英国スーツの歴史を守り続けているのです。

ヘンリープール店内

本当の高級品は愛で出来ているんだな、と感じる、とても心温まる取材になりました。紳士はいつかはここでスーツ、と目標にして働くのがとてもおすすめです!(text by トリッププランナー編集部みきP、2015年2月8日)

・今回の旅の詳細は⇒キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドン ブロガー体験レポートの旅!

・参考文献:英国王室御用達-知られざるロイヤルワラントの世界 (平凡社新書)

ヘンリープール店内
なんと店内には日本人カッターの姿も。将来はサヴィルロウに自分のお店を持ちたいというダンディな平野さん。頑張ってくださいね!

過去のピックアップ一覧はこちら

関連するトリッププラン

ページの先頭へ