トリッププランナートップ > スポット > 北のアルプ美術館
      

北のアルプ美術館

白樺林に囲まれた、山と自然の美術館
更新日:2012年11月15日
住所
北海道斜里郡斜里町朝日町11―2
WEB
www.alp-museum.org
TEL
0152-23-4000
時間等
夏  期  6月~10月  午前10時から午後5時まで

冬  期 11月~ 5月  午前10時から午後4時まで

休 館 日 毎週月・火曜日、
     毎年12月下旬から翌年2月末頃まで休館。
     ただし事前に電話をすればこの期間内でも出来る限り対応。
入 館 料  無  料

白樺林に囲まれ、四季を通して訪れてもらいたいスポット。
かつて全国の登山家たちに愛読された、山と自然の文芸誌「アルプ」(1958~83年)に
掲載された絵画や版画などの資料を収めた私設美術館です。
山岳図書を中心に知床やオホーツクなど、北の大地にゆかりの深い作品なども収蔵展示している。
建物は三井農林斜里事業所が1961年に社員寮として建築したものを
「アルプ」の愛読者だった斜里町の写真家、山崎猛氏が美術館として改修し、1992年に開館。

「アルプ」(1958~83年)編集の主軸だった作家・串田孫一氏(1915~2005年)の
居間と書斎が東京都小金井市の自宅から美術館内に移設され、今年2012年6月にオープン。
幾度も読み返されたであろう山岳関係の書籍の数々、クラシックレコード、
使った人のぬくもり、過ごした歳月が感じられる家具たち―。
復元された空間に一歩足を踏み入れると、まるで数十年も前に
タイムスリップしたかのような感覚に陥る。

created by yoiko_star yoiko_star
写真必須

この場所の写真

  • 写真がまだ投稿されていません。
写真必須
ページの先頭へ