トリッププランナートップ > スポット > 旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
      

旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」

更新日:2017年12月29日
住所
日本、〒413-0005 静岡県熱海市春日町8−37
WEB
www.ataminews.gr.jp/spot/116/
TEL
0557-81-2747

ブラタモリにも登場した、熱海にある、日本で唯一残るドイツ人建築家のブルーノ・タウトが設計した部屋が残る建築。土・日・祝祭日のみ公開で、見学は要予約。貿易などを手がけていた実業家の日向利兵衛の別邸の離れとして1936年(昭和11年 )に竣工するも、実はほとんど使われたことがなかったとか。
外観は普通の日本家屋ですが(とはいえ、設計はあの銀座和光を手掛けた渡辺仁と豪華)、実は地下室があって、そちらをブルーノ・タウトが設計。撮影不可のため、地下室はリンク先を見ていただきたいのですが、和を装いつつもどこかヨーロッパも感じる、独特のデザインのホールになっています。

created by みきP みきP
写真必須

地図を表示する

この場所の写真

  • 写真がまだ投稿されていません。
写真必須
ページの先頭へ