谷保天満宮

更新日:2017年11月19日
住所
日本, 東京都国立市谷保5209
WEB
www.yabotenmangu.or.jp
TEL
042-576-5123

南武線の谷保駅から徒歩3分、中央線国立駅からバス10分の処にある、湯島天神や亀戸天神とならび関東三天神とも呼ばれる、東日本では最古の天満宮。901年(昌泰4年)にこの地に配流された菅原道真の三男・道武が、父を祀る廟を建てたことに始まるという歴史ある神社。
境内には約350本の梅、約1,000株のあじさいがあり、花の名所としても有名。ユニークなのは放し飼いされているたくさんのチャボ(ニワトリ)。普通のニワトリと違って、つやつやとした羽も美しくフォトジェニックな鶏です。
明治41年に、有栖川宮威仁親王が先導した日本初のドライブツアーの目的地となったことから、「交通安全発祥の地」とされ、毎年12月にはクラシックカー・アンティークカーが集まる「旧車祭」も実施されます。
御朱印を受けると、近隣の喫茶やお食事処でちょっとしたサービスが受けられるそうで、マップももらえます。オリジナルの御朱印帳も売っていますよ。

created by みきP みきP
写真必須

この場所の写真

  • 写真がまだ投稿されていません。
写真必須
ページの先頭へ