高輪大木戸跡

更新日:2016年09月13日
住所
日本, 〒108-0074 東京都港区高輪2丁目19
WEB
「高輪大木戸跡」を検索

高輪の第一京浜沿いに残る史跡。1710年(宝永7年)に初めは芝に作られ、1724年に現在地に移された。東海道の両側に石垣を築いて木戸が設けられ、夜は締めて治安維持を図った交通遺跡。旅人の送迎もここで行われたことから江戸時代は茶屋なども並び、海沿い眺めもよいことから月見の名所だったそうです。

created by みきP みきP
写真必須

この場所の写真

  • 写真がまだ投稿されていません。
写真必須
ページの先頭へ