トップ > プラン  > 日本  > 関東  > 東京都  > アート・カルチャー  > インテリアファンにもおすすめ!東京・麗しのお屋敷めぐり
             

インテリアファンにもおすすめ!東京・麗しのお屋敷めぐり

follow us in feedly
更新日:2016年07月19日

世が世なら決して中に入ることができなかったであろう、東京に残る華族や著名人たちのお屋敷たち。ため息の出るようなシャンデリア、見事な螺旋階段など、普通のおうちではなかなか真似出来そうもない内装はインテリアというより美術品。
職人たちの手仕事の技も必見です。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • 東京都庭園美術館

    白金台にある「幻の建築」「アール・デコの美術品」と呼ばれる建築もすばらしい美術館。ルネ・ラリックやアンリ・ラパンなど20世紀初頭に活躍したフランスの名匠たちが手がけた美しいインテリアで有名。2014年11月にはアドバイザーに現代美術家の杉本博司さんを起用した新しいホワイト・キューブの展示室と、カフェ...

    Read More
  • 旧岩崎邸庭園

    1896年に三菱財閥創業者である岩崎弥太郎が建てた邸宅の一部が公園として公開されているもので、洋館、撞球室、和館からなる。ラブホテルが立ち並ぶ猥雑な街並みの奥にこのような壮麗な洋館が残されていることが非常に趣き深い。

    Read More
  • 旧前田侯爵邸

    旧加賀藩主、前田家第16代当主の利為の自邸として昭和4年(1929)に建てられた洋館と昭和5年に建てられた和館。世が世なら足を踏み入れることもできなかった華族のお屋敷に無料で入れます。イギリスのカントリーハウスを思わせるすてきな洋館です。

    Read More
  • 旧古河庭園

    もと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅で、その後古河虎之助男爵の邸宅だったという和洋折衷の洋館。洋館と洋風庭園の設計は、あの鹿鳴館のジョサイア・コンドル、低地にある日本庭園を手がけたのは小川治兵衛という豪華さ。特にバラ園で有名で、5月中旬~6月、10月中旬~11月のバラのシーズンには「バラフェスティバル」が...

    Read More
  • 鳩山会館

    歴代日本の総理大臣の一人、鳩山一郎が大正時代に建てた華麗な洋館。設計を担当したのは大正・昭和初期を代表する建築家で、明治生命館やニコライ堂修復などで知られる岡田信一郎。ハトのステンドグラスや朝倉文夫作の彫像の他、バラで有名な美しい庭園など見所も多い。

    Read More
  • 原美術館

    北品川にある現代アートで名高い美術館。東京ガス会長、日本航空会長などを歴任した実業家、原邦造の1938年築の私邸を改装した建築もすてき。庭園を望むミュージアムカフェ「カフェ ダール」は、カーサブルータスが「ニッポンで一番のミュージアムカフェ」に選出したこともあるほど評価が高い。ミュージアムショップも...

    Read More
  • 三鷹市山本有三記念館

    「路傍の石」で有名な作家、山本有三が暮らしていた三鷹にあるお屋敷。戦後、進駐軍の接収に遭うまで約10年ほど暮らしていたというこの洋館は、もともとは大学教授等をつとめた清田龍之助の住宅として大正末期に建てられたもので、三鷹市の文化財に指定されています。

    Read More
  • グランドプリンスホテル高輪
    みきP
    ホテル内には、宮家・竹田宮の邸宅として1911年に建てられたネオ・バロック様式の貴賓館が残ります。
    by みきP

    豊かな緑と和が織りなす寛ぎの中で「過ごす時」を愉しむホテルへ。高輪の地で培われた伝統を紡ぎつつ新たに生まれ変わるグランドプリンスホテル高輪に、どうぞご期待ください。上層階にクラブフロアを新設。

    一人一泊当たり6,159円〜
    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ