トップ > プラン  > 日本  > 関東  > 東京都  > グルメ  > 林芙美子のお屋敷と染のまちを歩く中井さんぽ
             

林芙美子のお屋敷と染のまちを歩く中井さんぽ

follow us in feedly
どこを見てもうっとりな林芙美子邸
更新日:2017年01月16日

東京の新宿区内にありながら、風情ある坂道と川の流れも叙情豊かな中井駅界隈。江戸時代からの染めのまちでもあり、大正時代以降は芸術家たちが集まる文士村でもあった駅周辺を観光してみれば発見もいっぱい。
中でも林芙美子が晩年暮らした邸宅は戦災を逃れ、その丁寧な暮らしを今に伝える必見スポット。川沿いの染色工房をめぐって日本の美を堪能したあとは、同じく中井に暮らした赤塚不二夫さんが愛した名店に立ちよるのもおすすめ。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • 林芙美子記念館

    中井駅近くにある林芙美子がその晩年を暮らした住居を活用した記念館。茶の間や書斎等、作家の暮らしを伝える貴重な建物を設計したのは、近代日本建築運動のリーダーのひとり山口文象。風雅な坂道沿いに建てられたそれは豪華な邸宅で、いかにも品が良く、売れっ子女流作家のライフスタイルに触れられる貴重な場所。こんな素...

    Read More
  • 中井御霊神社

    都内唯一の木造の本殿と、区内最古の狛犬が残るなど、実は見どころいっぱいの中井の御霊神社。お屋敷好きなら一度は行ってみたい、林芙美子記念館のすぐ近くにあります。社務社で御朱印もいただけます。

    Read More
  • 染の里 二葉苑

    昭和30年代までは300軒を越す染色関連業が集まる「染のまち」だった落合。なんとその規模は京都、金沢と並ぶほどだったそう。今はぐっと数が減ってしまったものの、現役の染工房もいくつかあり、そのひとつがここ、二葉苑。江戸小紋や江戸更紗の粋を今に伝える博物館も兼ねています。ギャラリーショップもとても素敵で...

    Read More
  • ぺいざん

    中井駅近くにある赤塚不二夫さんも通った老舗の洋食やさん。ハンバーグ、カニクリームコロッケ、白身魚フライのミックス定食など、よくばりなメニューのほかに、赤塚不二夫さんが好きだったという和風ハンバーグとヒレ肉の串カツ定食(800円!)なども。

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

ページの先頭へ