トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > 風景・自然  > 北欧のオーロラスポット
             

北欧のオーロラスポット

オーロラ以外もいろいろ楽しめる
follow us in feedly
北欧のオーロラスポット
Curated by feedbacknoise  出典 : flickr.com
Twisting Greens and Lonely Trees
更新日:2012年12月14日

サンタクロースや、サーメ人の文化、ウィンタースポーツなど、オーロラ以外の楽しみも多い北欧の有名オーロラスポットのまとめ。

by  feedbacknoise feedbacknoise

このプランで巡るスポット

  • キールナ Kiruna

    オーロラ研究所として有名なスウェーデン国立宇宙物理学研究所がある、スウェーデンの有名なオーロラ鑑賞地。建物から内部のインテリアまで全てが氷で出来ていることで世界的に有名なアイス・ホテルは、キールナから東に16kmのところにある。

    Read More
  • イェリヴァーレ Gallivare

    イェリヴァーレは、人口約18000人の、鉱山産業で栄える歴史ある町。スキー場などが整備されたリゾートエリアで各種ウィンタースポーツが楽しめるだけでなく、オーロラ鑑賞も楽しめる。近隣のラポニアン・エリアは、サーメ族 (ラップ人) の最大の居住地で世界遺産に認定されている。北極圏で家畜を放牧して生きる遊...

    Read More
  • ロヴァニエミ Rovaniemi

    ロヴァニエミはフィンランドのラップランド最大の町で、人口約3万5000人。町から約8kmのところにサンタクロースの住むサンタクロース村があることでも世界的に有名。オーロラ鑑賞地としては、街中は人口光が多いので、ロヴァニエミ発着のオーロラ観測専用バスなどでツアーに参加するのが良い。

    Read More
  • アビスコ Abisko

    アビスコ国立公園にある人気のオーロラ鑑賞地。キールナからは列車で約1時間。スウェーデンで最も晴天率が高いといわれ、日本からのパッケージツアーも多い。アビスコにある「オーロラ・スカイ・ステーション」は特に鑑賞地と人気で、日本語のサイトもある。人気の氷だけで出来ているアイスホテルも近く、セットで訪れる人...

    Read More
  • サーリセルカ  Saariselka

    フィンランドの人気のリゾート地でスキーやクロスカントリーなどのアクティビティも充実したオーロラ鑑賞地。宿泊施設などは充実しているが、オーロラを鑑賞したいなら、人口光の少ない場所まで移動したほうがいい。空港近郊にはサーメ博物館もあり、彼らの伝統などを学ぶこともできる。

    Read More
  • レヴィ Levi

    スキーのワールドカップも開催されるフィンランド屈指のスキーリゾート。近年はレヴィ・パノラマ・ホテルなど、オーロラ鑑賞も楽しめる宿泊施設もオープンし、オーロラ目当ての人も増えた。

    Read More
  • トロムソ Tromso

    かつて貿易で栄えた古い町で、「北のパリ」と呼ばれる。オーロラベルトに位置する町では、メキシコ湾流の影響により比較的温暖で-10℃以下になる事は少ない。オーロラを鑑賞するには、人口光が少ない場所まで移動したほうがよい。ミニオーロラ発生装置のあるトロムソ博物館や、 トロムソの冬とオーロラをモチーフにデザ...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ