トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > バルト三国  > グルメ  > ラトビアの古都ツェースィスから足を伸ばして、癒やしの田園旅へ
             

ラトビアの古都ツェースィスから足を伸ばして、癒やしの田園旅へ

follow us in feedly
更新日:2017年09月22日

ラトビアの首都リガに次ぐ古都、ツェースィスから足を伸ばして、マナーハウスが残るのどかな田園地帯へ。
歴史ある木造のマナーハウスでジビエやキノコなどのワイルドフードを味わったり、国立公園でベリー摘み。
日本人が殆ど行かない北欧のハイダウェイには忘れられない体験がいっぱいありました。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • ウングルムイジャ領主館 / Ungurmuiža

    ラトビアの田園地帯にある、18世紀のバロック様式の木造建築も素晴らしいマナーハウス。かつて男爵で荘園主だったカンペンハウゼン家が独ソ戦まで暮らしていたお屋敷(ご子孫は現在ドイツ在住だそう)を、現在は博物館、レストラン、ホテルとして利用しています。17世紀に彫られたイニシャルが残る階段は、一時小学校と...

    Read More
  • ガウヤ国立公園 / GAUJA NATIONAL PARK

    ラトビアのガウヤ川沿いの谷にある国立公園。ヴァルミエラからムリャーニに至る95.3キロの長さにわたって続く広大な面積を誇り、ラトビア初の国立公園でもあるのだとか。周囲にはマナーハウスや宿等も点在、キノコ狩りやベリー摘みなども楽しむ地元の人にも愛される大自然スポットです。

    Read More
  • カールリャムイジャ領主館 / Karlamuiza Country Hotel

    ラトビア初の国立公園であるガウヤ国立公園に隣接する18世紀に建てられた建築も味わい深いカントリーホテル。アマタ渓谷の中にある宿の周りは一面のリンゴの木で、おとぎ話のような北欧の田園風景が広がっています。「最もラトビアらしい」と言われる古都ツェースイスからも8kmなので、自然だけでなく歴史散策も楽しめ...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ