トップ > プラン  > 日本  > 関東  > 東京都  > カメラ散歩・フォトジェニック  > 駒込、庭園と本とケーキをめぐる散歩
             

駒込、庭園と本とケーキをめぐる散歩

follow us in feedly
更新日:2013年04月10日

江戸二大庭園のひとつ六義園や、旧古河庭園もある駒込エリアで、話題の東洋文庫ミュージアムや歴史のあるケーキ屋さんなどをめぐって帰るお散歩プランです。ケーキスポットはどれか一つ選んでくださいね。

by  赤ずきん 赤ずきん

このプランで巡るスポット

  • 六義園

    小石川後楽園とともに江戸の二大庭園のひとつに数えられる名園。江戸時代、柳沢吉保の下屋敷として造営され、明治に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が購入した後、東京都に寄付された大名庭園。平坦な土地に吉保が人工的に作らせた丘である藤代峠からの眺望が素晴らしい。桜やもみじの名所であり、四季折々に花が咲くが、とく...

    Read More
  • 旧古河庭園

    もと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅で、その後古河虎之助男爵の邸宅だったという和洋折衷の洋館。洋館と洋風庭園の設計は、あの鹿鳴館のジョサイア・コンドル、低地にある日本庭園を手がけたのは小川治兵衛という豪華さ。特にバラ園で有名で、5月中旬~6月、10月中旬~11月のバラのシーズンには「バラフェスティバル」が...

    Read More
  • 東洋文庫ミュージアム

    1924年に三菱第三代当主の岩崎久彌が設立した、日本最古にして最大の東洋学の研究図書館。巨大な本棚に圧倒される「モリソン書庫」が有名。東洋文庫と小岩井農場が共同でプロデュースする洋風レストラン「オリエント・カフェ」も併設しています。

    Read More
  • フランス菓子 カド

    フランスへの菓子留学生第一号が1960年に創業したという駒込にある老舗洋菓子店。川端康成や三島由紀夫など、昭和の文豪も通ったお店では、どこか懐かしいバタークリームのケーキなどが昔と変わらず並んでおり、こぢんまりとした喫茶室も併設。店内には川端康成直筆の推薦文も飾られている。六義園や古河庭園散歩の寄り...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

ページの先頭へ