トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > バルト三国  > 建築・ランドマーク  > エストニアの首都、タリンでアール・ヌーヴォー建築めぐり
             

エストニアの首都、タリンでアール・ヌーヴォー建築めぐり

follow us in feedly
更新日:2017年09月28日

中世ハンザ都市の面影を今に残す、エストニアの世界遺産、タリン旧市街。
実はユニークなアール・ヌーヴォー建築もあって、ガイドブックには載ってないのですが意外とフォトジェニックなんです。フィンランドの巨匠建築家のビルもあるので、建築好きならぜひカメラ片手にめぐってみて。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • のぞき見トムの家 / Reichmanni maja

    エストニアの世界遺産、タリン旧市街にあるアール・ヌーヴォー建築が集まる一角にある建物。屋上にメガネをかけた男性がいてびっくり!エストニアのWikipediaによれば、こちらは1909年にエストニア生まれの建築家ジャック・ローゼンバウムにより建てられたもの。向かい側に建つエジプト人女性の像も個性的な建...

    Read More
  • Draakoni Gallery

    エストニア、タリン旧市街にあるアールヌーヴォー建築が個性的なギャラリー。建物に貼られていた説明プレートによれば、1910年築。向かいにある「のぞき見トムの家」と同じ、エストニア生まれの建築家、ジャック・ローゼンバウムが設計したもの。

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ