トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > オーストリア  > グルメ  > ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りでお土産探し&カフェ休憩
             

ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りでお土産探し&カフェ休憩

follow us in feedly
更新日:2017年08月01日

ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂からオペラ座に続くケルントナー通りは旧市街屈指の人気ストリート。
お土産スポット、カフェなど立ち寄りスポットもいっぱいで、そぞろ歩きが楽しいコース。
ハプスブルク家の都だった頃からの老舗もたくさん。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • シュテファン大聖堂 / Stephansdom

    ウィーン旧市街の中心にそびえる荘厳なゴシック様式の教会。12世紀から建築がスタートし16世紀頃に完成したという歴史があり、歴代皇帝の葬儀が行われたり、モーツァルトの結婚式や葬儀も行われました。屋根にはハプスブルク家の紋章とウィーン市とオーストリアの紋章が描かれ、まさにウィーンのシンボル。階段やエレベ...

    Read More
  • マンナー /Manner Shop

    ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂のすぐ近くにある、オーストリアで昔から愛されるウエハースの老舗。ヘーゼルナッツいりのチョコレートを挟んだウエハースは、スーパーマーケットでも買えますが、こちらのお店にはビーチサンダルやポーチ等、お土産にも良さそうなマンナー雑貨が勢揃い。ちなみにウィーンの空港にも...

    Read More
  • エル・ハイナー/ K.u.K. Café-Konditorei L. Heiner

    ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りにある、1840年創業の老舗菓子店で皇室御用達。生ケーキから焼き菓子、チョコレートまでいろいろ揃うショップで、ホテルザッハーやデーメルなどの有名店ではないですが、ここのザッハトルテをおすすめする人も多いです。二階にはカフェもあり、お茶したりもOK。小さなお店なの...

    Read More
  • アメリカンバー / Loos American Bar

    アール・ヌーヴォー全盛期に、装飾を排除したシンプルな建築を発表し批判にさらされた異端児、アドルフ・ロースが設計した1908年築の貴重なバー。ウィーン旧市街で一番の繁華街ケルントナー通りからちょっと脇にそれた小径沿い。内部のインテリアなど、公式サイトに今なお当時の気分を今に伝える素敵なフォトギャラリー...

    Read More
  • ロブマイヤー本店 / J. & L. Lobmeyr

    1823年創業、ハプスブルク家御用達でもあったオーストリアを代表する老舗のガラス工芸メーカー。ウィーンの本店は、ニューヨークのメトロポリタンオペラ座のためにデザインされた名物シャンデリア「Starburst(星の爆発)」がきらめく豪華な空間でミュージアムも併設。皇妃エリザベートやメキシコ皇帝マクシミ...

    Read More
  • ゲルストナー / Gerstner K. u. K. Hofzuckerbäcker

    国立オペラ座の向かい側にある、1847年創業のウィーンを代表するお菓子の老舗。ハプスブルク家御用達でもあり、皇妃エリザベート(シシー)が愛したスミレの砂糖漬けは、ウィーンならではのロマンティックなお土産として大人気。1Fはショップ、2Fは食事や喫茶が楽しめるサロンとシャンパンバー、3階にはレストラン...

    Read More
  • ホテル・ザッハー

    ザッハトルテ発祥のホテルとして有名な5つ星ホテル。併設のカフェでは1832年生まれの名物ザッハトルテもいただけます。映画『第三の男』でホリー・マーチンスが泊まったのもここ。ちなみに、ウィーンのガイドさんによれば、ここはかつて隣のオペラ座の踊り子と貴族がデートしたりした場所だったとか。また、食べるのが...

    Read More
  • ウィーン国立オペラ座

    音楽の都、ウィーンにある歌劇場。9月〜6月のシーズン中は連日オペラやバレエなどが上演される、ヨーロッパ3大オペラハウスの一つ。ガイドツアーで内部見学もできます。1869年築のルネサンス様式の建物では、毎年2月に両家の子女の社交界デビューの場として有名な舞踏会、オーパン・バルも開かれます。

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ