トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > バルト三国  > カメラ散歩・フォトジェニック  > 世界遺産、タリン旧市街を一望できる眺望スポット
             

世界遺産、タリン旧市街を一望できる眺望スポット

follow us in feedly
聖オラフ教会からの眺め
更新日:2017年09月28日

ヘルシンキからフェリーで2時間程度で着くエストニアの首都タリン。中世ハンザ都市として栄えた頃の景観がいまなお残り、旧市街は世界遺産になっています。
絵本のようにかわいらしい風景をカメラにおさめたいなら、まずは登ってほしい、ちょっと高いところをご紹介!

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

  • 憧れの北欧カントリー。エストニアの田園で見つけた刺繍が印象的なインテリア集 みきP

    ヘルシンキからフェリーで行けるバルト三国エストニア。中世ドイツそのままの絵本のような風景に、物価の安さ、歩いて回れるコンパクトな街など、女子旅におすすめのポイントがいっぱいの国の田舎町で見つけた、かわいいインテリアをフォトギャラリー風にご紹介します。今すぐ真似したい!

    Read More
  • リアル『かもめ食堂』の世界、心も体も喜ぶ北欧のキノコ狩りをたっぷりの写真でレポート みきP

    北欧では旅行客だって森でキノコ狩りが楽しめるのをご存知でしょうか。国立公園だってどこでだって、自由に果実やきのこ摘みを楽しめるワイルドフード天国でのおいしいハイキングをたっぷりの写真でお届けします。おとぎ話のようなラトビアとフィンランドの森の風景にも癒されますよ。お料理試食レポート付き!

    Read More
  • 北欧の田園への旅。バルト三国ラトビアで貴族の館に迷い込む みきP

    ちょっとディープな北欧旅のご案内。 バルト三国ラトビアの田園には、クラシカルな木造のマナーハウスが残り、心癒される風景と美味しいランチが楽しめます。首都リガに次ぐ古都ツェースィスから足を伸ばして、18世紀の貴族の館に迷い込んでみませんか。

    Read More
  • 心ときめくエストニア 「タリン旧市街」のかわいいコレクション オフィシャルプランナー izumin

    中世の面影が今でもそのまま残っているエストニア・タリン旧市街。城壁、建物、教会、石畳の小道などをただ巡るだけでも心が躍ります。 歴史的観光スポットやお店の詳細などは トリッププラン にまとめているのですが、お散歩をしながら見つけた風景や雑貨、手仕事、お菓子まで、“タリン旧市街のかわいいコレクション”を写真たっぷりのフォトギャラリー風でご紹介します。

    Read More
  • 【バルト三国エストニア】世界遺産のタリン旧市街で「クリスマスマーケット」を楽しもう! オフィシャルプランナー izumin

    バルト三国のエストニアといえば、世界遺産に登録されている旧市街タリンの観光が欠かせません。 一年のなかで気温が低くなる 11月下旬~1月初めには、タリン旧市街の中心であるラエコヤ広場で開催されるクリスマスマーケット目当ての観光客も増え、街はいっそう賑やかに! それでは、 「タリン クリスマスマーケット 2016」の様子を写真たっぷりでお届けします。

    Read More
ページの先頭へ