トップ > プラン  > 日本  > ホテル・宿  > 瀬戸内海で青い癒やしの旅。海が見える絶景の宿セレクション。
             

瀬戸内海で青い癒やしの旅。海が見える絶景の宿セレクション。

follow us in feedly
ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道(photo by 一休.com)
更新日:2019年02月05日

大小様々な島がある瀬戸内海。アートスポット直島や映画のロケ地としても有名な小豆島、淡路島、尾道、広島から海が見える憧れの宿をピックアップ。
おいしいお魚や歴史、文化、街歩きを楽しんだあとは、ホテルで青の絶景を楽しんで。

このプランで巡るスポット 地図を表示する

  • グランドプリンスホテル広島

    広島湾の元宇品公園横に建つオーシャンビューのホテル。瀬戸内海を絶景が楽しめる展望露天風呂やレストランがあり、500室を超える客室すべてが瀬戸内ビュー。ホテル前の桟橋から宮島へ高速船も出ていて、原爆ドームや広島城などの近隣名所に加え、世界遺産の厳島神社観光も楽しめる立地です。

    一人一泊当たり3,573円〜
    Read More
  • 海音真里

    小豆島の名宿として有名な真里の別館「海音真里(うみおと まり」が2019年4月オープン。オーシャンビューの離れ客室2棟には、プレオープンとして宿泊も受付中です。

    一人一泊当たり36,470円〜
    Read More
  • ホテルリッジ

    鳴門にある和室4室、洋室6室の計10室のホテル。旧財閥の別邸を移築再建した築80年の有形文化財「ダイニング」で海を眺めながら朝食をいただけます。隣接する鳴門パークヒルズでは長めの良いテラス席があるレストランなども。

    一人一泊当たり36,300円〜
    Read More
  • ガンツウ

    十九の客室を持つ、瀬戸内海に浮かぶちいさな宿を設計したのは建築家の堀部安嗣。四種類の客室は全室、海面からの距離が近いテラス付きのスイートルームです。露天風呂から瀬戸内の多島美を満喫したり、ふかふかのソファでのんびりしたり。究極の贅沢な休日を。

    一人一泊当たり431,818円〜
    Read More
  • ベネッセハウス

    ベネッセハウスは、現代アートの美術館とホテルの機能を複合した、ベネッセアートサイト直島の中核となる施設です。直島の自然と時間の中で、アートと建築をゆっくりと体験していただけます。

    一人一泊当たり14,850円〜
    Read More
  • オーベルジュ ドゥ オオイシ

    JR高松駅より車で15分、目の前に瀬戸内海を望むモダンなインテリアもすてきな全5室のオーベルジュ。フランス料理のシェフが営み、新鮮な海の幸などをいただける極楽宿。晴れた日は客室のテラスで海を眺めながら朝食をいただくこともできます。

    一人一泊当たり31,045円〜
    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

楽しい旅先占い&旅先診断

  • 毎日大吉おみくじ

    幸先の良い1日をはじめよう!きっとあなたに訪れる小さな幸せを占います。占い結果にはラッキースポットもついているので、ぜひ毎朝の習慣に♪

    Read More
  • ヨーロッパ旅行占い

    建築、アート、歴史、絶景など様々な切り口で楽しめるヨーロッパの旅。トリッププランナーのキャラクターうさぎのホリーが今のあなたにぴったりのプランを占います。意識を集中してOKボタンを押してね!

    Read More
  • 心うるおう旅先占い

    女はうるおい! 心も体もカサカサ?なあなたを潤してくれる、温泉、海、湖、川など水の名所をトリッププランナーのキャラクター、うさぎのホリーが占います。意識を集中してOKボタンを押してね!

    Read More

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

  • ワインマガジン編集長&酒旅ライターの岩瀬大二さんが選ぶ、旅して心満たされるワイナリー5選。 矢口あやは

    伊勢志摩サミットで各国の要人に提供されるなど、近年たびたび話題になる「日本ワイン」。そのはじまりは明治時代。歴史としてはずいぶん浅い方ですが、近年では世界のコンクールで優れた賞を次々と受賞するなど海外からも熱い注目が集まっているとか。シャンパーニュ専門の WEB マガジン「シュワリスタ・ラウンジ」編集長であり、“酒旅ライター”としても活躍する岩瀬大二さんが、フォトジェニックな絶景や美食が味わえる国内ワイナリーを 5 つピックアップしてくれました!

    Read More
  • 『物語で知る日本酒と酒蔵』著者の友清 哲さんが選ぶ、今オススメの5つの蔵元。 矢口あやは

    グルメ大国フランスをはじめ、いまや世界中で愛されている日本酒。その一滴には、造り手である蔵元の歴史とロマン、ときには不思議なミステリーも秘められているようで …!?  日本酒が生まれる源を訪ね歩いた『物語で知る日本酒と酒蔵』著者、ライターの友清 哲さんが、いまイチオシの蔵元 5 つをピックアップ。いざ、 “ ストーリーごと味わう ” 美酒の旅へ!

    Read More
  • 『狛犬さんぽ』著者、ミノシマタカコさんが語る、狛犬の魅力と忘れられない5つの狛犬。 みきP

    みなさんは、神社の狛犬に注意を払ったことがありますか? あまりにも当たり前にいて、素通りしてしまう人も多いかもしれない狛犬に惹かれ、ついに専門書まで出版してしまったライターのミノシマタカコさんに、そもそも狛犬とは何なのか? 何でそれほど惹かれるのか?について話を聞きました。彼女が偏愛する日本のマニアックな狛犬スポット5つも要チェック!

    Read More
ページの先頭へ