トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > フィンランド  > アート・カルチャー  > 歴史と文化に触れられる、フィンランド南岸部でめぐりたい名所たち
             

歴史と文化に触れられる、フィンランド南岸部でめぐりたい名所たち

follow us in feedly
更新日:2017年09月27日

デザイン、オーロラだけじゃない、フィンランド南岸部の風景を探しに田舎町を旅してみませんか?
貴族が暮らしたマナーハウス、国内最古のスパ、中世のお城など、美しい田園地帯にはフィンランドの歴史と文化を感じる名所がこんなにありました。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • ラーセポリ城 /Raasepori catsle ruins

    フィンランドのラーセポリにある14世紀に作られたお城。巨大な岩の上に立ち、そのルックスはなかなか個性的です。スウェーデン語ではラーセボリ。フィンランドのナショナルランドスケープ(国を代表する景観)に指定されている史跡です。ここはかつて戦闘用の城というより行政拠点として利用され、城主の主な任務はここで...

    Read More
  • スヴァルト・マナー / Svartå Manor

    フィンランド最古の製鉄所で栄えた歴史ある町にある、リンデル家が所有するマナーハウス。現在はホテル、レストラン、ミュージアムとし利用されています。マナーハウスといってもわりと素朴な建物が多いフィンランドではちょっと別世界感のある、スウェーデン王やロシアのツァーリも宿泊したという豪華で貴族的なリンデル家...

    Read More
  • ハンコ カジノ / Hanko Casino

    フィンランド最南端の歴史ある海辺の街、ハンコに1878年に建てられたフィンランド初の保養施設兼カジノ跡。今はカジノとして営業していませんが、夏はレストランがオープンし、目の前に広がるビーチやトレッキングコースを楽しむ人たちに利用されています。かつてはロシア貴族なども良く訪れたというこの歴史的なスパは...

    Read More
  • フィスカルス/ fiskars

    かつては村の名前にもなった鉄工所があり、はさみなどで有名なブランドの工場で栄えた小さな村。一度は廃村になりかけた場所の歴史ある建物にアーティストが移り住み、今では世界が注目するアーティスト・ヴィレッジになっています。家具の工房や手仕事のアトリエなども多く、女性にもとてもおすすめです。ヘルシンキからナ...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

ページの先頭へ