トップ > プラン  > 日本  > 関東  > 東京都  > アート・カルチャー  > 目白から雑司ヶ谷へ。文化と歴史を訪ねるロマンティックさんぽコース
             

目白から雑司ヶ谷へ。文化と歴史を訪ねるロマンティックさんぽコース

follow us in feedly
更新日:2017年11月16日

かつてはアーティストたちが暮らす芸術村もあり、貴族や著名人の邸宅も多かった目白駅界隈には、今も優雅な歴史をまとう名所がいっぱい。
東京屈指の有名パティスリーや行列のできる甘味処など気になるおやつスポットにも立ち寄りつつ、名建築、ギャラリーなどを訪ねるちょっと文化系なお散歩コース。
最後はほっとやすらぐレトロな雑司ヶ谷エリアへ足を伸ばして、のんびりできるカフェでコーヒーブレイクを。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • 中村彝アトリエ記念館

    目白にある大正期に活躍した洋画家、中村彝(つね)の記念館。大正5年(1916年)に建てたアトリエ兼住居を再利用しており、彝の使用したイーゼルや家具なども設置。赤い屋根のレンガの建築はいま見てもおしゃれでかわいくて、乙女心をくすぐるデザインの洋館。彼の生涯を描いたビデオが上映されており、内容的にも胸に...

    Read More
  • エーグル ドゥース

    目白にある、東京を代表するパティスリーのひとつ。「オテル・ドゥ・ミクニ」シェフパティシエを経て独立した寺井則彦シェフのお店で、賞味期限1時間のモンブランなど、華やかで豪華なケーキが大人気。実はマドレーヌやガレットブルトンヌなどの焼き菓子も絶品。別料金でとってもかわいい箱も買えるので、ロマンティックな...

    Read More
  • 小苦樂

    目白駅から有名パティスリー、エーグルドゥース方面にあるいて約6分、小さな路地裏に佇む日本伝統文化の教室と甘味処。あんみつ、豆かん、抹茶白玉ぜんざいなどの甘味メニューの他、コーヒーやほうじ茶スパイシーチャイなどのドリンク、カレーや親子丼、日替わり定食等もあります。

    Read More
  • 志むら

    JR目白駅近くにある有名な和菓子屋さん&甘味喫茶。手みやげに喜ばれる名物の「九十九餅」(つくももち)や「福もち」が知られていますが、最近は生いちごなど旬のフルーツたっぷりのかき氷でも有名で、夏は行列スポットに。

    Read More
  • 目白ヶ丘教会

    目白駅近くにある、フランク・ロイド・ライトに学んだ建築家、遠藤新(えんどうあらた)が設計した教会。1911年に小石川バプテスト教会として誕生し、のち現在地に移転。日曜日の「教会学校」、水曜日の「聖書の学びと祈り会」は誰でも参加OK。時々バザー等も行っているそう。フランク・ロイド・ライトが設計した今は...

    Read More
  • 切手の博物館

    日本や外国切手を約35万種、カバー(封筒)類を約15,000枚を所有する郵便切手の博物館。入場無料エリアにあるショップでは、世界各国の切手などのショッピングも。戦利品を眺めながらお茶したいなら、館内のサボテンカフェでどうぞ。入り口近くにあるまことちゃんポストは必見!

    Read More
  • 学習院大学

    目白にある、元は皇族・華族のための教育機関として開校された市立大学。正門、乃木館、北別館など国登録有形文化財に指定されている史跡、名建築も多く、ちょっと驚くほどの規模の雑木林等もあります。2名以下の小人数であれば守衛所に申込の上、自由に見学できるほか、学食の利用も可能。校内には堀部安兵衛が血刀を洗っ...

    Read More
  • 鬼子母神堂

    法明寺というお寺の堂だけど狛犬がいる、神仏習合の風景を今に伝える雑司ヶ谷の名所。鬼子母神とは元々インドの神さまで、子どもを食う鬼女が改心して子供と安産の守り神となったそう。境内には14世紀初頭とも言われる長寿で、高さ30mを誇る大銀杏があります。女子的には毎月開催されている手創り市の会場としても知ら...

    Read More
  • キアズマ珈琲

    雑司ヶ谷、鬼子母神堂の参道にあるレトロでおしゃれな自家焙煎珈琲店。手塚治虫が暮らしたという伝説のアパート「並木ハウス」の裏手にあり、昭和初期に建てられたという味わい深い建築もすてきです。店内は昔ながらの喫茶店のようなカウンターがありますが、インテリアはモダンでおしゃれ。コーヒーもチーズケーキもすごく...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

ページの先頭へ