トップ > プラン  > 日本  > 関東  > ホテル・宿  > 関東近郊、日本の美に触れる有形文化財の宿
             

関東近郊、日本の美に触れる有形文化財の宿

follow us in feedly
関東近郊、日本の美に触れる有形文化財の宿
Curated by mitsuhashi  出典 : ikyu.com
箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 photo by  一休
更新日:2016年06月05日

関東近郊にある、"日本の美"に触れられる有形文化財に指定された建物を使った宿を集めました。泊まる楽しみに、歴史を感じる楽しみが加わって、充実した時間が過ごせそうです。

by  mitsuhashi mitsuhashi

このプランで巡るスポット

  • 日光金谷ホテル
    mitsuhashi
    本館と新館、別館、観覧亭(竜宮)、展望閣が、国の登録有形文化財に指定された、日本を代表するクラシックホテル。

    創業は明治6年(1873)の日本最古のクラシックリゾートホテル。『日本奥地紀行』で、イギリスの旅行家イザベラ・バードが絶賛した「金谷カッテージイン」がこちらのホテルの前身。現存する日本最古の西洋式ホテルで、昭和天皇がご宿泊された別館のお部屋は今見ても美しいインテリア。大正時代のカレーのレシピを再現し...

    一人一泊当たり6,389円〜
    Read More
  • 目黒雅叙園
    mitsuhashi
    東京都の有形文化財に指定されている「百段階段」は、園内で唯一現存する木造建築です。豪華な装飾で知られる憧れの園内で、昭和10年に建てられた歴史ある建物がひと際目を引きます。

    独特の和ゴージャスともいうべき内装で異彩を放つ目黒の結婚式場&宿泊施設、レストラン。昭和の有名画家たちが参加した百段階段は、映画「千と千尋の神隠し」のモデル地のひとつとされています。

    一人一泊当たり12,192円〜
    Read More
  • 東京ステーションホテル
    mitsuhashi
    国の重要文化財に指定されている東京駅丸の内駅舎に泊まれるホテル。駅舎の保存・復原工事を経て、創建当時の姿と新しいホテルのインテリアを楽しめようになりました。

    大正4(1915)年開業の東京駅内のクラシックホテル。2012年、大正の時代からの伝統を生かしつつ、現代的な快適さも追求してリニューアルオープン。

    一人一泊当たり13,248円〜
    Read More
  • 箱根湯本温泉 萬翠楼 福住

    現役旅館として初めて国の重要文化財建造物に指定された箱根にある老舗旅館。「萬翠楼」という名は明治の初めに木戸孝充により命名されたという歴史を持つ。湧出量は少ないときでも毎分100リットルで、源泉かけ流しの大浴場も。

    一人一泊当たり17,685円〜
    Read More
  • 富士屋ホテル

    箱根、宮ノ下にあるクラシックホテル。明治11年創業時から変わらない社寺のような瓦葺屋根と唐破風の玄関が特徴的な建築は登録有形文化財、近代化産業遺産に指定。明治39年築の西洋館は今見てもおしゃれな洋館。お部屋のデザインも豊富で、何度でも泊まりにきてしまいそう。日光東照宮本殿をモデルに造られた昭和5年オ...

    一人一泊当たり8,226円〜
    Read More
  • 落合楼 村上

    北原白秋や川端康成、梶井基次郎など多くの文人たちに愛された伊豆天城温泉郷の老舗旅館。落合楼という名前も山岡鉄舟がつけたというエピソードが残る歴史ある場所で、数々の映画やドラマのロケ地にもなっています。

    一人一泊当たり26,000円〜
    Read More
  • 文化財の宿 新井旅館

    創業明治5年、横山大観や初代中村吉右衛門など多くの文人墨客に愛されてきた老舗宿。日本画や文学など数多くの作品が当館で生まれました。旅館建物15棟が歴史的価値を認められ、国の登録文化財になっています。

    一人一泊当たり12,000円〜
    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ