トップ > プラン  > 日本  > 近畿  > 京都府  > グルメ  > 京都で見つける、小さなパリ
             

京都で見つける、小さなパリ

和の魅力だけじゃない、カフェ文化や古書を楽しむ京都の一日。
follow us in feedly
更新日:2013年04月22日

姉妹都市であり、共通点が多いといわれる京都とパリ。セーヌならぬ鴨川のせせらぎ、アートや古書、歴史あるカフェ、おいしいパンにお菓子。そんな、京都でプチ・パリ気分が味わえる場所を探してみました。

by  bibliophilie bibliophilie

このプランで巡るスポット

  • 京都市役所

    京都市役所前の広場には、パリから京都に贈られた「ガス燈」(1965年寄贈)と、「京都広場銘板」(1999年寄贈)があります。優雅な装飾のあるガス燈は、パリのレプュブリック広場にあるのと同じものだそう。武田五一設計による、市役所のモダンな佇まいともしっくり調和しています。

    Read More
  • ブション  LE BOUCHON

    赤×白ギンガムチェックのテーブルクロスがかわいいフレンチレストラン。歯ごたえのあるステーキに山盛りのフリットが添えられた、安くてボリュームたっぷりのランチが人気。お昼から赤ワインが飲みたくなります。

    Read More
  • ラ・ヴァチュール

    平安神宮のほど近くにある、フランスから表彰されたというタルト・タタンが自慢の喫茶店。あめ色になるまで煮込んだリンゴを贅沢に使い、仕上げにヨーグルトがとろり。大正生まれのオーナー、松永ユリさん秘伝のレシピを、現在はお孫さんが受け継いでおられます。

    Read More
  • インクライン

    水路閣に向かう途中にある、船を貨車で引っ張り上げるためにつくられた線路の跡。実はパリ14区にもこことよく似た、廃線になった線路が見える橋があるようです(Rue des PlantesとRue A. Cainが交わるあたり)。使われなくなった線路、というのはなんとも映画的で、空想をかきたてられる場所だ...

    Read More
  • 柳月堂

    1階がパン屋さん、2階が老舗名曲喫茶。名物の「くるみパン」を筆頭に1階のパンは、2階の名曲喫茶に持ち込みも可。基本的に私語厳禁なため(おしゃべりしたいときは、談話可の席もあります)、大音量のクラシックに身を委ねつつ、ひとり旅の疲れを癒すのにぴったりです。

    Read More
  • アスタルテ書房

    バタイユ、ジュネ、澁澤龍彦といった退廃的な作家を多く揃える、妖しくも美しい、ゴシックムードが漂う古書店。アンティークの木馬や仮面などがさりげなくディスプレイされた店内まるごと、美術品のよう。オーナーは画家の金子國義氏とも親交が深く、お店のショップカードなども金子氏が手掛けています。※2015年8月時...

    Read More
  • リエノ 室町店

    元理髪店だったというレトロな佇まいを生かした空間には、製本職人が手作業でつくる麗しいオリジナルノートがずらり。色や紙質、スピンの色を指定するなどのセミオーダー、ネーム入りのノートや便箋といった「お誂え」にも対応。ヨーロッパの製本文化への憧れをかきたてられます。

    Read More
  • フランソア喫茶室

    嶽本野ばらさんの小説、『鱗姫』にも登場する喫茶室。昭和初期は芸術家のサロン的役割を果たし、藤田嗣治なども常連だったそう。入り口横にある、ステンドグラスの嵌った個室風の席が乙女の指定席。シックでエレガントなウェイトレスさんの制服も素敵です。2010年に京大の先生による、『フランソア喫茶室 京都に残る豪...

    Read More
  • 喫茶迷子

    銀閣寺西の鹿ケ谷通りを少し下ったところにある、ヴォーリズ設計事務所により80年代に建てられた白い洋館の1階にあるティールーム。アンティークのビーズバッグや帽子、アクセサリー、蓄音機、古書などがディスプレイされた奥の空間は、まるでパリに住む女の子のお部屋のよう。時折、小さな展覧会や音楽会なども開かれて...

    Read More
  • ラ・パティスリー・デ・レーヴ ねねの道本店

    「夢のお菓子屋さん」を意味する、パリの人気パティスリーの日本第一号店。60年代のどこか懐かしいテイストが特徴で、甘いケーキがわくわくするような夢を食べる行為、非日常だった子どもの頃を思い出させてくれます。京情緒あふれる高台寺の「ねねの道」にあり、釣り鐘型のショーケース+ピンクをアクセントにしたモダン...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ