トップ > プラン  > 海外  > アジア  > 中国  > カメラ散歩・フォトジェニック  > 雲南省、この世のものとは思えない風景を巡る旅
             

雲南省、この世のものとは思えない風景を巡る旅

「雲への階段」と呼ばれる圧倒的スケールの棚田と、雲南省の奇妙な景色を巡る旅。
follow us in feedly
雲南省、この世のものとは思えない風景を巡る旅
Curated by たこ焼き  出典 : irorio.jp
更新日:2013年09月26日

中国の雲南省は、少数民族の暮らす場所。圧倒的スケールの棚田や広大な石の林、赤土の田んぼなど、奇妙な風景が盛りだくさん。いつか行ってみたいなあ、と思っている雲南省のスポットをまとめてみました。

by  たこ焼き たこ焼き

このプランで巡るスポット

  • 元陽棚田
    たこ焼き
    いくつかのエリアにわかれているので、朝日に輝く棚田、夕日に輝く棚田など、それぞれ要チェック!

    中国の雲南省にある棚田群。稲刈り後、田植え前の時期(12月~4月)に訪れると、田の水に空の模様が映り、天空の棚田と呼ばれる景観が楽しめます。

    Read More
  • 石林(シーリン)
    たこ焼き
    総面積350キロ平方メートルにわたって石が文字通り林のように林立しているそう。い、痛そう…。

    高さ20〜30メートルの石が台地に林立している場所。大昔は海底だったが、地殻変動により地上にさらされて雨や地下水によって現在の姿になったそう。少林寺の修行をしている人がいるに違いない。

    Read More
  • 紅土地
    たこ焼き
    赤い作物を植えているのではなく、赤土なんだそう。赤い!

    酸化鉄を多く含む土地が、真っ赤に見える地域。雨が降ったあとに朝陽夕日が射すと真っ赤に見える。まるで赤い花があたり一面に咲いているような赤さ。

    Read More
  • 麗江古城
    たこ焼き
    「千と千尋の神隠し」に登場するような街並。

    標高2400mの土地に作られた、少数民族ナシ族の都。水路が入り組んだ複雑な街並で、夜になると色とりどりの灯りがともる中国でも人気の観光地。生きた象形文字であるトンパ文字が町中に見られることも。

    Read More
  • シャングリラ県
    たこ焼き
    桃源郷、という名の地方。

    もともとは、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した小説『失われた地平線』に登場する理想郷の名称。小説ではチベットの未知の地域にあり、シャングリラに住む人々は普通の人々よりはるかに長生きで、最新式の設備が整えられ世界中の知識も蒐集する研究の地であるという設定。これにを知った「中甸県」...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ