トップ > プラン  > 海外  > ヨーロッパ  > オーストリア  > アート・カルチャー  > カールスプラッツ駅からスタート!ウィーン世紀末建築ツアー
             

カールスプラッツ駅からスタート!ウィーン世紀末建築ツアー

follow us in feedly
更新日:2017年07月31日

ウィーン観光の目玉の一つが、美しいアール・ヌーヴォー(ユーゲント・シュティール)建築鑑賞。それら「世紀末建築」が集まるとっておきの名所が、地下鉄やトラムで行けるカールスプラッツ駅界隈です。
途中、ナッシュマルクトという市場をぶらつきながら、ウィーン独特のロマンティックな風景を楽しんで。

by  みきP みきP

このプランで巡るスポット

  • オットー・ワーグナー・パビリオン・カールスプラッツ / OTTO WAGNER PAVILLON KARLSPLATZ

    近代建築の父、ウィーンを代表する巨匠、ワーグナーの設計で1898-99年に完成した駅舎で、今はワーグナーに関する資料を展示する博物館。美しい駅舎のインテリアを楽しみながら、ワーグナーが手がけた建築の模型や、各種資料を見学できます。美しい曲線を描くアーチ形の屋根やエレガントな手すり、金箔もあざやかな内...

    Read More
  • カフェ・ムゼウム /Café Museum

    ウィーン、セセシオン近くにある、かつては芸術家たちのサロンだったカフェ。アドルフ・ロースが手がけたシンプルで装飾を排除したインテリアはとても現代的で、もはや観光名所のひとつとも言える名物カフェ。分離派の芸術家のたまり場でもあり、オットー・ワーグナーやクリムト、ココシュカなどが常連だったとか。

    Read More
  • セセッシオン / Secession

    1898年築、ウィーンの世紀末建築を代表する名作のひとつ。設計はヨーゼフ・マリア・オルブリヒで、その特徴的な外観から、完成後は「金色のキャベツ頭」や「金色のたまねぎ坊主」だのと呼ばれ(実際は月桂樹の葉を形度っています)、結構なセンセーションを巻き起こしたそう。建築そのものも非常に価値がありますが、地...

    Read More
  • メダイオンハウス / Medallion House of Otto Wagner

    観光名所でもある市場、ナッシュマルクトすぐそば。ウィーンを代表する建築家、ワーグナー設計のユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)の集合住宅。女性の顔を形どった金色の9つのメダイオンは、ウィーン分離派のデザイナー、コロマン・モーザー(コーロ・モーザー)が手がけたもの。屋上には天に向かって叫ぶような...

    Read More
  • マジョリカハウス / Majolikahaus of Otto Wagner

    ウィーンを訪れる観光客に大人気の市場ナッシュマルクト近くにある、ウィーンを代表する建築家、オットー・ワーグナーが手がけた1899年築の集合住宅。となりに同じくワーグナーが手がけたメダイオンハウスもあるので、合わせて鑑賞したい。世紀末ウィーンのユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)建築の傑作とされ...

    Read More
  • ケッテンブリュッケンガッセ駅 / Kettenbrückengasse

    ウィーンを代表する建築家、オットー・ワーグナーの駅舎というとカールスプラッツが有名ですが、こちらの駅もまた彼が手がけたもの。ワーグナーの名作である集合住宅マジョリカハウスの最寄り駅で、蚤の市やマーケットで人気のナッシュマルクトへのアクセスにも使えます。今も現役で利用されている、文化財指定されている美...

    Read More

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

このエリアの取材&レポート記事:ピックアップ

ページの先頭へ