トップ > プラン  > 日本  > 北陸  > 福井県  > 風景・自然  > 福井、昔ながらの越前和紙の里で、紙すき&工房めぐり
             

福井、昔ながらの越前和紙の里で、紙すき&工房めぐり

follow us in feedly
福井、昔ながらの越前和紙の里で、紙すき&工房めぐり
Curated by 赤ずきん  出典 : echizen.lg.jp
定友町の小径 photo by 越前市
更新日:2014年12月20日

1500年という長い歴史を誇る国内有数の和紙の里、福井の越前市今立地区で、和紙の里や工房を訪ね歩くプラン。紙の文化博物館から岡太神社へ抜ける道沿いは、その美しい佇まいで、「美しい日本の歴史風土100選」にも選ばれ、「公共の色彩賞」も受賞している美しい紙の里。全国で唯一の紙の神様を祀る神社もあります。
日本の里の風景と紙すき体験、かわいい紙モノみやげを楽しみに歩いてみたい場所です。

by  赤ずきん 赤ずきん

このプランで巡るスポット

投稿サイトのため、スポット情報等の正確性は保証されません。お出かけの際は、必ず事前にご自身でご確認ください。

ページの先頭へ