トリッププランナートップ > ピックアップ > 毎月25日はお宝が見つかるかも? 京都、北野天満宮の骨董市をお散歩

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

毎月25日はお宝が見つかるかも? 京都、北野天満宮の骨董市をお散歩

更新:2017年05月29日
オフィシャルプランナー ゆきちゃめゴン

京都の北野天満宮で毎月25日に行われる縁日「天神市」。骨董品をはじめ、食べ物の屋台などたくさんの露天が並ぶ名物市をぶらり歩いたレポートをお届けします。


毎月25日にご縁日でにぎわう京都の北野天満宮に行ってきました。

骨董市としても有名ですが、食べ物も充実しているので、ぶらりと散歩気分で行っても楽しめます。

神社の朝は早く、朝7時ごろから始まるという天神市。
地元の方の情報では、本気で掘り出し物を狙う業者さんなどは5時にスタンバイとの噂も。
私はノンビリ午後遅めの時間に到着しました。

北野天満宮前でバスを降りると、早速門前で昭和55年から焼いているという100円「おもひで焼き」(小)が美味しそうで、いい匂いにつられて一つ購入しました。

量が少ないのでペロッといけちゃいますし、薄くて食べ歩きには最適です。

鳥居をくぐる前からすでに食べて始めてしまいました。
アブナイアブナイ。

おもひで焼きを食べたあと、鳥居をくぐりまずはメインの参道へ。

このゾーンは雑貨もあるのですが、どちらかというと食べ物屋さんが多い感じ。

普通に縁日の屋台としてありそうなものはたいてい揃っていて、プラス京都らしいお漬物屋さんだったり、タケノコや山椒を売る店もありました。

美味しそうな五平餅屋さんがあったので、こちらも購入。細めの形なので食べやすいうえ、200円とリーズナブルなのがいい!

こうやって少しずついろんなものを食べ歩くの、楽しいな。

参道脇では植木市も開かれていて、地元の方で賑わっていました。

着物も安いので外国の方に人気のようでした。京都土産に良さそうですね。

そうそう、北野天満宮といえば学問の神様。頭が良くなるようお参りしなくては。

お守りも、学業はもちろんのこと厄除け、縁結び、交通安全などオールラウンドに揃っています。

これだけでも結構充実しているのですが、さらに神社の敷地の側道にあたる神宮外周にもたくさんお店が出ています。

ジャンク品っぽいけどじっくり見たらお宝がありそうなお店や……

懐かしいアルミのお弁当箱や昭和レトロな可愛い食器たち。

和食器もいろいろあります。というかむしろ和食器がメインかな。

珍しいコインや紙幣を扱うお店も。

そして、レトロなんだけど今見ても素敵な食器も格安。
ここのは、いくつか購入しました。

この日はあいにく午前中天候が悪く出店が少なかったそうなのですが、それでもかなり見ごたえがありました。
日没後はライトアップもあるで夜の縁日も楽しそうですよね。

ただ、側道などの雑貨・骨董系店舗は夕方には仕舞い初めていましたのでやはり買い物なら朝、なるべく早く行くのがオススメかなと思います。

25日に京都にいたら、ぜひ足を運んで見てください!(ゆきちゃめゴン)

北野天満宮

関連するトリッププラン

ページの先頭へ