トリッププランナートップ > ピックアップ > 今すぐスペインに行きたくなる!小笠原伯爵邸でのイベリア航空レセプションレポート

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
イベリア航空
Vol.60

今すぐスペインに行きたくなる!小笠原伯爵邸でのイベリア航空レセプションレポート

トリッププランナー編集部 みきP

About  イベリア航空 成田=マドリード線

2016年10月19日に新規就航する、月、水、土の週3日、成田とマドリードを結ぶ日本とスペイン間唯一の直行便。最新鋭のエアバスA330-200型機は、ビジネスクラス19席、エコノミークラス269席の全288席。


イベリア航空

2016年10月19日に新規就航、週3便運航される予定のイベリア航空の成田=マドリード線。日本唯一のスペイン直行便の誕生でぐっと近くなるスペインを感じに、旧華族のお屋敷で9月9日に行われたレセプションパーティを取材してきました。美しいインテリアと美味しいスペイン料理の数々を、たっぷりの写真とともにレポートします!

イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション

まずはレセプションの会場となったお屋敷の紹介から。新宿・河田町にある小笠原伯爵邸は、旧小倉藩藩主、小笠原長幹伯爵の本邸として1927年に建てられたスペイン様式の洋館。約1,000坪の敷地に330坪の邸宅がある旧華族のお屋敷で、東京都選定の歴史的建造物にも指定されています。2002年よりスペイン料理レストランとして運営を開始し、バルセロナで修行を積んだシェフ、ゴンサロ・アルバレス料理長による最先端の「ヌエバ・コシーナ(新しいスペイン料理)を提供。結婚式にも良く利用される憧れの邸宅レストランです。 こんな空間でこれからバーチャルにスペインを体験できるなんて、わくわくが止まりません!

イベリア航空レセプション
エントランスで飲み物をいただき中へ
イベリア航空レセプション
歓談がスタートしました

このお屋敷の建築は昭和初期に流行したスパニッシュ様式。装飾タイルやステンドグラスの天窓など、当時の芸術の粋を集めた邸宅で、スペインの華麗な文化に触れることができます。

イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション

ゲストたちを最初に楽しませてくれたのは、情熱的なフラメンコショー! 華麗な踊りを披露したのは、スペインでフラメンコの修行を経た小松原庸子先生率いるスペイン舞踊団。スペイン国王よりイサベル・ラ・カトリカ勲章、日本国より紫綬褒章、旭日小綬章をはじめ数多くの受賞をした功績のあるスペイン舞踊団です。スペイン様式のお屋敷で本場さながらのフラメンコを堪能する体験で、ますますスペインへの関心も高まってきます…!

イベリア航空レセプション
ブリティッシュ・エアウェイズ・イベリア航空日本韓国地区支社長のジョンテイ・ブルナー氏
イベリア航空レセプション
イベリア航空 最高統括営業責任者のマルコ・サンサビーニ氏

航空会社の代表の方々のご挨拶の後は、お楽しみのパーティタイム。見た目も美しいヌエバ・コシーナ(新しいスペイン料理)がふんだんに振る舞われます。天気も良いので広々としたガーデンにテーブルがセッティングされました。

イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション
イベリア航空レセプション
大きな鍋で作られる大量のパエリアも!

どのお料理も素材の味を生かしたシンプルなスタイルで、日本人の口にもぴったり。赤身のお肉はしっとりやわらかく、パエリアは香り豊かで絶品。

イベリア航空レセプション
ガーデンから邸宅を望む
イベリア航空レセプション
夜風とともに美味しいワインやお料理を楽しむゲストたち

10月19日から成田から直行便で行けるようになるスペイン。首都マドリードは今から11月上旬ぐらいまでは最高気温も25℃前後とベストシーズンでもあります。美味しいお料理や世界最高峰の美術館などを楽しみに、旅行プランを立ててみては?(2016年9月16日 みきP)

イベリア航空レセプション

イベリア航空

小笠原伯爵邸の予約はこちら

関連するトリッププラン

  • マドリッドの下町散策
    9人が行きたい!
    エリア:スペイン 

    2011~2012年「地球の歩き方 マドリッド&日帰りで行く遺産の町」で紹介されていた、マドリッド下町散策コースを、実際に散策してみました。その中でホントにお薦めのスポットをいくつかご紹介♪

    Read More
ページの先頭へ