トリッププランナートップ > ピックアップ > 十日町の山の中にある、情熱大陸にも登場したへぎそばの名店「そばや清兵衛」

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

十日町の山の中にある、情熱大陸にも登場したへぎそばの名店「そばや清兵衛」

更新:2017年05月15日
みきP

温泉、スキー、雪まつりと冬のお楽しみもいっぱいの新潟、十日町。訪れるならぜひ足を運んでほしい、新潟のご当地グルメ「へぎそば」の名店をご紹介します。

古き良き温泉街の風情がグッとくる松之山温泉やアートスポットめぐりなど、お楽しみもいっぱいの新潟県十日町市。
ほくほく線の十日町駅と松代駅のちょうど中間あたりの山間に、地元で大人気のへぎそばの名店が潜んでいます。

それが、こちらの「そば屋清兵衛」。情熱大陸で、世界的なシェフ、赤坂の名店『TAKAZAWA』の高澤義明さんがそば粉を仕入れに行ったお店として紹介されたこともある、地元民おすすめの人気店です。

外観はこんな感じ。本当に隠れ家というか、ふつうの戸建ての二階にあってうっかり見落としてしまいそうです。

店内には、著名人のサインがずらり。テレビやメディアによく取り上げられる有名店なのです。

このお店を教えてくださったのは、十日町にあるおしゃれなゲストハウス&カフェ「山ノ家」のオーナーさん。このあたりで一番と太鼓判を押していただいて訪問。地元の人の超プッシュに期待が高まります。

テーブルには香ばしく焼かれたクルミがどんと置かれています。この地域ではクルミを薬味としてそばつゆに入れていただくのだそう。後ろに見えるのはあさつき。皮をむいて薬味にするとピリッと刺激的になるとか。いくらでもいれてOKなのも嬉しい。

人気の天ぷらそばが到着。このツヤたるや!いかにもぴちぴちとしてとっても美味しそうです。
地元の契約生産者のそば畑から収穫されたそばの実を、丁寧に石臼でひき、そばの実の中心部のみをフルイにかけるなど製粉にこだわって作られる最高級のそば粉で打たれたそば。他とはコシの強さが違うのだそう。



四季折々の素材の天ぷらもたっぷりついて1200円。最初は薬味を入れずにつるっと一口いただいてみます。歯ごたえ、香り、のどごし、どれも絶品!
続いて、地元の食べ方にならってクルミを入れてつるり。こちらもコクが出ていい感じ。

さっぱりつるりといただけるそばは、お酒の後のシメにもよさそう。酒どころ新潟ならではの美味ですね。車がないと行けない山の中の隠れ家的なお店ですが、十日町を訪れたならぜひ味わってほしいご当地グルメ。

新そばの季節には店先では特上そば粉も売ってました。打てるなら打ってみたい気もするけれど……また食べに来ます!(みきP)

そばや清兵衛

関連するトリッププラン

ページの先頭へ