トリッププランナートップ > ピックアップ > 山にする?海がいい?両方です!だけじゃない、神戸の旅のものすごさ体験レポート!

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸
Vol.51

山にする?海がいい?両方です!だけじゃない、神戸の旅のものすごさ体験レポート!

トリッププランナー編集部

about

ファッションのまちとして有名な港町・神戸には、すてきな洋服のお店やかわいい雑貨店、スイーツの名店においしいパン屋さんなど、女子の大好物がいっぱい。でも、かわいいだけじゃないんです!今回、トリッププランナー編集部はそのリゾート要素にも着目。夏ですもの、山に海に行きたい気持ちも高まりますよね。さらに温泉街に雑貨屋さんまで回っても1日で足りる、神戸の街のすごさを体験してまいりました!
雑貨、パン、スイーツ、ファッション情報いっぱいの「神戸かわいい街歩き2015」はこちら!

海に行く? 山がいい? そんな質問は神戸では邪道! 海も山も、レトロな温泉街にお買い物スポットまで、1日でまわれてしまう夢のまちが、ここ神戸です。

私はいま、声を大にしていいたい。日本における女子旅の大本命は、ここ神戸なのだと。

嬉しいのはそのサイズ。首都圏でたとえてみれば、箱根と横浜と自由が丘と丸の内にお台場あたりを1日でさっくり回れるコンパクトさがすばらしすぎる。ということで、トリッププランナー編集部が1日でどれだけ違う風景に出会えるか試してきましたよ!

新神戸駅
新神戸駅の窓から。もうがっつり山が迫っており自然豊かな場所に来たのだと実感させてくれます。

まずは鉄道の玄関口、新神戸駅を午前11時スタート。駅のコインロッカーに荷物を置いて、北神急行電鉄に乗って、乗り換え2回で有馬温泉まで約30分。駅を出て少し歩けば、さっきまで街中にいたとは思えないほど風情ある温泉街が現れます。ここ、有馬温泉は日本書紀にも登場する日本三大古湯の一つ。太閤秀吉に愛され、黒田官兵衛が傷を癒した名湯として知られています。

有馬温泉
ついさっきまで街にいたことを忘れさせてくれるレトロな温泉街の風景。
有馬温泉
レトロな喫茶店「いずみ」でフルーツサンドをいただけば、旅気分も高まります。30分前まで都会にいたけどもうすっかり忘れました。

この時点でまだ12時前なので、温泉街をゆるり歩いてみましょうか。実はここ、有馬温泉は神社仏閣の見所も豊富。724年に行基上人が有馬温泉を開かれた折に建立されたと言われる温泉寺界隈には、太閤の湯殿館、念仏寺、湯泉神社などが集中。歴史好きにはたまらない一角です。

湯泉神社
温泉守護の神、 湯泉神社へ向かう石段。子宝祈願の神社としても有名ですね。

ぶらぶらしてちょっと疲れてきたら有馬名物の金泉をお手頃価で堪能できる「金の湯」でひとっぷろ。

有馬温泉温泉寺
こちらは金の湯の外にある無料足湯コーナー。いつも人でいっぱい
有馬温泉温泉寺
お風呂上がりには有馬名物炭酸水をごくごく。

汗も引いたら、タクシーを呼んでもらってすいーっと「六甲有馬ロープウェイ」の有馬温泉駅へ。そこからロープウェイに乗って約12分の空中散歩で六甲山頂エリアに到着!

有馬温泉ロープウェイ
ロープウェイから見下ろす有馬温泉。

ロープウェイの六甲山頂駅は海抜880m。さっきまでいた有馬温泉から比べてもぐんと気温が低くて気持ちいい!タクシーの運転手さんによれば元町あたりとは10度くらい気温が違う時もあるとか。神戸、避暑地までのアクセスが良すぎです!

時計をみてもまだ2時すぎ。ぶらり六甲山頂からの景色を堪能してみます。ロープウェイの駅から歩いてすぐのところにあるのは「六甲ガーデンテラス」

六甲ガーデンテラス
人気の憩いスポット。

六甲ガーデンテラスには、晴れた日は明石海峡から関西国際空港まで見渡せる展望スペースも。昼も気持ちがいいですが、夜景の名所としても有名ですよ。このガーデンテラスから六甲ケーブル山上駅を結ぶ六甲山上バスで六甲山カンツリーハウス六甲高山植物園などにも移動もOK。ただ、海も見たい煩悩を捨てきれないトリプラ編集チームは、そのまま六甲ケーブル山上駅へ直行!

六甲ケーブル山上駅
昭和7年開業の歴史を感じる駅舎
六甲ケーブル山上駅
駅の隣には絶景カフェTENRAN CAFEも併設

ああ、海へ急ぐはずなのに、これから山を降りるだけだというのに、こんなところで沈没してしまうとは。六甲ケーブル山上駅のあまりのレトロな美しさに鉄分多めのトリプラ編集チームのシャッターを切る手が止まりません。近代化産業遺産にも登録されているという駅舎はとてもフォトジェニック。隣には、絶景カフェTENRAN CAFEや昭和天皇もお立ち寄りになった「天覧台」もあるので、やっぱり、ゆっくり過ごしてみましょうか。慌てなくても、街はすぐそこ。ちなみに個人的に今回の旅で一番楽しかった乗り物はこの「六甲ケーブル」。高低差493.3mを約10分間で結ぶ短いケーブルカーですが、風が気持ちいいんですよ。

六甲ケーブル
オープンエアで山をぐんぐん降りる爽快感がたまらない。また乗りたい。

さて、六甲ケーブル下駅前から「神戸市バス16系統」に乗ればあっという間に阪急の六甲駅に到着。このあたりは実はスイーツ激戦区。バターサンドにワッフル、ガレットなど何を食べていいのか迷うほどなので、ぜひこだわりのお土産探しにぶらついてみて。すてきな一軒家カフェもあるのでゆっくりお茶しても。

甘いおさんぽを堪能したら電車で三ノ宮までわずか10数分。乗り換えて元町駅に降り立てば、雑貨天国、栄町もすぐです。

乙仲通り
疲れも吹き飛ぶ物欲の力

乙仲通りで小さなこだわりのお店に立ち寄りながら、ぶらぶらと海辺までおさんぽ。栄町からは歩いて10分程度でメリケンパーク、さらに歩けばハーバーランド。きれいな夕焼けに間に合いました!

ハーバーランド
さっきまで山にいたのにもう海です。神戸すごすぎる。

日暮れどきに訪れたならぜひゆっくり港が夜のきらめきに包まれるまでハーバーランドで過ごしてみましょう。とても美しいですよ。

さぁ、新神戸駅に戻っても夜はこれから。こんなにカラフルな風景を一度に楽しめる場所なんて、まずないなぁ、と満足感に浸る夜なのでした。実際には各所でゆっくり過ごすのがおすすめですが、どれだけ神戸がコンパクトで女子の足にも優しいかをお伝えしたくて実施した欲張りコース。でも、本当に山も海も街もすぐ隣同士な感じの距離感なので体力的にも余裕でしたよ! ということで、風光明媚な神戸の魅力を大特集の「神戸かわいい街歩き2015」もいよいよスタートです!
(text by トリッププランナー編集部みきP、2015年7月31日)※夏の一日に体験したレポートです。

過去のピックアップ一覧はこちら

関連するトリッププラン

ページの先頭へ