トリッププランナートップ > ピックアップ > 混雑ゼロで美味しいモーニングも!鎌倉朝さんぽの楽しみ方

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

混雑ゼロで美味しいモーニングも!鎌倉朝さんぽの楽しみ方

更新:2017年01月10日
みきP

空気の澄んだ冬こそ、歩いてみたい海の見える古都、鎌倉。朝はやく訪れると混雑知らずで観光名所もまわれて、美味しいモーニングだって味わえてしまいます。そんな朝の鎌倉さんぽの楽しみ方を、たっぷりの写真とともにご紹介します。

どんなに素晴らしいところでも混んでいるというだけで避けてきた人生でした。

けれども、やっぱり人気の観光スポットは魅力がいっぱいだったりするんですよね。
なんとかうまく混雑を避けて楽しめないものだろうか……ということで、今回は「よく晴れた三連休の鎌倉」という、首都圏では屈指の混雑日を狙って、いかに人混みを避けて名所を歩くか、挑戦してきましたよ。

大人気スポット、鶴岡八幡宮も早朝ならノーストレスで参拝できる

鎌倉といえば、まずは八幡様にご挨拶ですよね。超人気スポットですが、朝はとっても静かなんです。

挑戦などと大げさに書きましたが、簡単にいえば早朝に行っただけ。私が訪れたのはまだ初詣客も絶えない1月最初の三連休で、昼過ぎには小町通りは原宿の竹下通りとほぼ同様の混雑になったのですが、この目抜き通りも朝7時代なら……


なんということでしょう!誰もいません!(お店も開いてないですが)


人混みを避ける必要が無いので小町通りを歩いてすぐに鶴岡八幡宮に到着。普段よりずっと近く感じます。



手水舎だってこの通り混雑ゼロ。清らかな水の輝きに心もひきしまります。



源平合戦の物語の泣かせどころ、静御前が舞った場所の跡に建つと言われる舞殿。これまであんまりじっくり見たことなかったのですが、今回は人もいないことですし、細部まで鑑賞してみました。武家の守り神であった八幡宮の建築、装飾が意外とかわいいのを発見。

アール・ヌーヴォー風の曲線もやさしげな草の飾りに彩られた、愛らしい鳩の彫刻。その下に描かれたお花の模様もかわいいです。
ちょうど今年は酉年。せっかくなので鳥モチーフ探しも楽しんでみましょうか。



舞殿の前のお賽銭箱には鶴丸。鶴岡八幡宮のご神紋です。
グラフィックデザイン的にもかっこいいですよね。

鶴丸が描かれた開運健康守、美心守、健康守袋などが、社務所などで授与されているので、参拝後に頂いて帰るのもいいかも。

さて、いよいよ本宮へ。朝は海から差す太陽の光に照らされて、八幡様もさらに美しく。順光なので空もきれいにブルーに染まり、赤と青のコントラストも鮮やかです。




鳥モチーフの有名どころ。楼門に掲げられた額に描かれた、神の使いである二羽の鳩による「八」の字。
大石段を登り、本宮でお参りし、振り返ると、眼下には鎌倉の町を一望。空気の澄んだ冬は、遠く海が望めます。


御朱印も、大石段を降りてすぐのところで待ち時間ゼロで頂けました。ああ、ここまでノーストレス。なんという素晴らしい一日の始まりなんでしょうか!

早朝さんぽの次は、お楽しみの美味しい朝ごはん

参拝のあとは、美味しい朝ごはんタイム。
鶴岡八幡宮から参道をまっすぐ海に向かうと朝早くからやっている美味しいモーニングスポットがいくつかあるんですよ。

ひとつめは、「レンバイ」の名で親しまれている鎌倉市農協連即売所の中にある超人気パン屋さん、パラダイス・アレイ。休日は朝7:30からモーニングをやっています。

ふっかふかの竹炭パンのトーストにゆで卵、ジャムと淹れたてのコーヒーで600円。とても小さくて5人くらいでいっぱいになりそうな店内はアメリカ西海岸のようなインテリアがいかにも鎌倉らしくて素敵なんですよ。


和な気分なら、同じくレンバイのすぐ近くにある食堂KOBAKABA(コバカバ)へどうぞ。卵かけごはん定食、納豆定食などが五穀米と美味しい手作り味噌のお味噌汁、ミニサラダに香の物がついて500円。プラス100円で生卵を目玉焼きに変更も可能。朝8時からオープン。

その他、鎌倉カフェブームの火付け役、有名なカフェ、ヴィヴモンディモンシュも朝8時からワッフルセットのモーニングを提供。迷いますよね……!

さて、ゆったり朝ごはんを食べ終えてもまだ10時前。そろそろ鎌倉駅も賑わい始めるころでしょうか。

混雑を避けるなら、今のうちに稲村ヶ崎に向かって鎌倉市で唯一の天然温泉でほっと温まるのもよし。こちらも朝9:00から営業していて気持ちのよい露天風呂もあります。空気が済んでいれば、稲村ヶ崎公園から富士山を眺めてぼんやりしたあと、早めのランチを狙って海辺のカフェに繰り出すのも楽しそう。
あるいは、ショッピング好きなら鎌倉の御成通り側に出て由比ガ浜大通りをぶらぶら歩いて長谷へ向かうのもよし。通り沿いには美味しいパンやさんやドーナッツ屋さんのほか、雑貨などを販売するかわいいお店が並んでいるので、発見もいっぱいのはず。一番混雑する江ノ電の鎌倉ー長谷間は、ゆっくり歩いても30分くらいなんですよ。

しかし、早朝スタートの鎌倉さんぽがこんなに素晴らしいなんて想像以上。次はどこで朝ごはん食べよう?と、すでに次のおでかけの企画が脳内で始まっています。(みきP)

関連するトリッププラン

ページの先頭へ