トリッププランナートップ > ピックアップ > 伊豆でも富士山でもない穴場の静岡へ。オクシズにある吊り橋だらけの大滝は大迫力なのに誰もいなかった…!

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

伊豆でも富士山でもない穴場の静岡へ。オクシズにある吊り橋だらけの大滝は大迫力なのに誰もいなかった…!

更新:2019年09月21日
みきP

混雑が嫌いな人のための穴場の旅ガイド。静岡・寸又峡の「夢の吊橋」ほど有名じゃないけれど、いくつもの吊り橋がある知られざる大滝が秘境オクシズにあるんです。

オクシズというエリアをご存知でしょうか。
ここは新幹線で東京から1時間で行ける「静岡駅」がある静岡市内ながら、山梨県方面にずっと行った、簡単に言うと山奥エリア。

静岡が誇る伊豆や熱海、富士山周辺などの有名観光地に比べると正直ディープな場所で、何があるの? と聞かれれば、何もないのがいいんだ! と答えたくなる、そんなところです。

この知る人ぞ知る旅先をなぜかトリッププランナーはこれまで何度も取り上げてきました。なぜか。

混雑知らずの超穴場だからです!

「宿が取れない」「食事が高い」「行列」「いかにも観光客向けのお土産屋さんばかり」「渋滞」……リラックスしたくて旅に出たのになんでこんなひどい目にあうの? なんてことになりがちなのが有名観光地。
でもここオクシズは(実は静岡市民には大人気らしいけれど)まずそういうひどい目には合わない。東京からすぐの静岡駅の近くにこんな場所が残っていたのか……とため息が出るほどの「秘境」なのです。

三連休や夏休みシーズンなど、さすがにどこも混んでるだろう……という時期を選んでもほぼストレス無しで楽しめてしまう、そんな救世主のような旅先。お茶の名産地なので、そこかしこに日本の原風景とも言える茶畑が広がっているのも癒やされます。


さて、そんなオクシズ好きの私が今回向かったのは、安倍奥エリアにある「安倍の大滝」。
なんと日本の滝百選のひとつですが、ガイドブックなどではめったに見かけません。では無名なのかというとそんなことはなく、オクシズエリアの人はみんな知ってる名所です。

この滝へ行くには、安倍川の上流、梅ヶ島温泉街近くの入口から片道約30分歩かねばなりません。
この道中が何しろスリル満点。古びたままの看板で申し訳ありませんが、以下の画像の通り、片道大小6−7の吊り橋やら小さな橋やらがスタンバイしているハイキングコースなんです。

日本人はこんなに吊り橋好きなのに、なぜこの吊り橋密集スポットがメディアに取り上げられないのか。私達が訪ねたお盆シーズンのよく晴れた日曜日も、もちろん人っ子ひとりいませんでした。

さあ、ここからはババっとどんな吊り橋があるかまとめてご紹介。



長いのやら短いのやらバラエティに富んでいてもう吊り橋のテーマパークみたい。多少アップダウンもあるので、歩きやすい靴で行くのがマスト。


こうしていくつもの橋を超えたあと、突然あたりが白い霧のような……、いや、そんなかわいいもんじゃない水しぶきに覆われます。

安倍の大滝来たー!!!

ゴーゴーという音も大迫力。ナイアガラの滝を思い出すわぁ。

高さ85m幅16m。大きすぎてカメラに入り切らないのが残念。服が濡れるレベルの水しぶきを浴びますが、大滝のすぐそばに見晴らし台があり、間近で眺められるのも嬉しい。華厳の滝とか遠くからしか見られないものね。結構レアな滝だと思いました。

こんな素晴らしい滝と吊り橋を、誰もいない静かな山奥で楽しめるなんて本当にオクシズ最高。秋の温泉シーズンは近くの梅ヶ島温泉に泊まって楽しんでみては?(みきP)

安倍の大滝までのアクセス>
JR静岡駅から梅ヶ島温泉まで、しずてつジャストラインのバスで1時間45分、安倍大滝入口下車。そこから片道30分くらい。
新東名高速道路 新静岡インターから梅ヶ島温泉までは車で約50分。安倍の大滝入り口にある旅館で駐車場が借りられます。

オクシズのレポート記事一覧

関連するトリッププラン

ページの先頭へ