トリッププランナートップ > ピックアップ > 神代植物公園そばにニューオープン! ドーナツと生活雑貨が楽しみなかわいいカフェ「park」

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

神代植物公園そばにニューオープン! ドーナツと生活雑貨が楽しみなかわいいカフェ「park」

更新:2017年11月13日
みきP

東京屈指の観光名所のひとつ、深大寺に隣接する広大な神代植物公園。バラ園をはじめ、四季折々の花や植物が鑑賞できる広大な公園の近くに2017年秋、小さなカフェがオープン! 器や生活雑貨、バッグなどのセレクトの素晴らしいショップも併設している気になるニュースポットのご紹介です。

ロマンティックなばら園で有名な、神代植物植物公園の正門から歩いてすぐのところに2017年11月にオープンした、カフェと生活雑貨のお店「park(パーク)」。

ドーナツが並ぶカウンター、12席ほどのテーブル席、暮らしの道具や器、服飾雑貨などが並ぶショップ。窓いっぱいのガラスからたっぷりの光がそそぎ、シンプルでナチュラルなインテリアを温かく包み込んでいる。

parkでぜひいただきたいのが、お店の名物でもある手づくりの手ごねドーナツ。希少な九州産無農薬の小麦粉と平飼い卵を使用した安心安全なドーナツで、小ぶりで甘さ控えめなので、小腹が空いたときのおやつにぴったり。



ドーナツはテイクアウトして公園などでいただいてもいいし、テーブル席でコーヒーとのんびり味わうのもいい。



種類はプレーンのほか、シナモンや瀬戸内レモン、4種類の小さなドーナツが4つ入ったプチドーナツなどがスタンバイ。いずれもひとつ220〜270円ぐらいとお手頃価格。

今回はシナモンをチョイスして、しばしコーヒーブレイク。ハンドドリップで丁寧に淹れられるコーヒーの豆は、前橋にあるコーヒー焙煎所「13 COFFEE ROASTERS」のもの。いつも思うけれどドーナツとコーヒーのタッグは最強。歩き回って疲れた体もみるみる元気になっていく優しい美味しさ。

parkには、ドーナツやプリンなどのスイーツのほか、無農薬、不耕起、無肥料、 天日干し乾燥、籾保存のお米にこだわった、10種のスパイスに7種の調味料と7種の野菜を刻んで作るドライキーマカレー(1,100円)や、おにぎり二つセット(400円)といったお食事メニューもあり、ランチスポットにもうってつけ。

コーヒーブレイクのあとは、park店主自らセレクトしているという生活雑貨が並ぶエリアでプチショッピングを楽しむのもおすすめ。

京都のデザイナー、山口智美さんが手がける「mornin'」のバッグや、淡路島の陶器作家・岡本純一さんが立ち上げたブランド「awabi ware」のうつわ、北海道のオケクラフトや、京都の木工職人、溝上吉郎さんの「木印」のキッチン道具など全国からつくりの良いものが集まる小さなセレクトショップ。どれもシンプルでいまの暮らしにぴったりのデザインで、parkの暖かいインテリアにも良くなじんでいる。



近くにある「神代植物公園」や、東京屈指の観光名所「深大寺」に行くならぜひ立ち寄りたいかわいいカフェ、park。




湧き水と緑あふれる武蔵野さんぽを楽しむなら、ナチュラルなカフェで一休みはいかが? (2017年11月13日 みきP)

park(パーク) 10:00 ~ 17:00 毎週月火定休

関連するトリッププラン

ページの先頭へ