トリッププランナートップ > ピックアップ > はじめての香港旅で、ちょっと気になったコネタ5つ

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
香港
Vol.58

はじめての香港旅で、ちょっと気になったコネタ5つ

トリッププランナー編集部 みきP

About  香港

飲茶にワンタン麺にエッグタルトなどの名物グルメ、100万ドルの夜景に、エキサイティングなショッピングに、イギリス統治時代の名残を残す雰囲気のある街角など、旅情をそそる旅先、香港。日本からも約5時間で到着し、時差も少ないことから週末弾丸旅行にもおすすめです。気候の良さでは10月~12月ぐらいがベストシーズンだそうですよ。


香港政府観光局

ハマる人はものすごくハマり、何度も訪れてしまうという香港。実は初めて旅してみました。

香港
美味しくて安いグルメも魅力の人気の旅先、香港

はじめての旅の醍醐味といえば「小さな違和感」を感じやすいこと。何度も訪れるうちに当たり前すぎて目にも留まらなくなるちょっとした発見にわくわくできるのはこの時だけ。ということで、今回は観光ガイドではスルーされそうで、香港旅の達人からは「もっと書くことあるでしょ!」と言われそうな、マイファースト香港記念のコネタ集をお届けします。次回はちゃんと美味しいものやら素敵な場所をレポートしますので、まずは小さな発見におつきあいくださいませ。

香港の夜景
素晴らしい香港の夜景とかをお届けしたいところですが…!

1:道路に飛び出す看板がすごい

コネタといいつつ、わりと定番のびっくりポイントから。道に飛び出すように並ぶ看板は大迫力かつ香港名物。こんなに道にせり出していたら二階建てバスとかぶつかっちゃうでしょ!と心配になるレベルですが、実はその「スリル」を味わいたくてルーフトップバスのツアーに参加する人も多いそう。これは香港ならではのアトラクションなので、興味ある方はぜひ二階建てバスでキャーキャー言ってみては? この商魂というかエネルギーこそ、香港に何度も来てしまう人が多い理由の一つなのかも。

香港
みんな一生懸命生きてる!

2:ピータンにショウガの甘酢漬けがついてくる

香港きっての有名店鏞記酒家(ヨンキーレストラン)でいただいたショウガ付きピータン。「ピータンなら酢醤油でしょ!」と思い込んでいた日本人からするととっても斬新な食べ方。これがまたさっぱりとしておいしゅうございました…!なんでもショウガだけでなく白砂糖付きでいただくこともあるそう。

香港
これは真似したい

3:日曜日はフィリピンの人たちのピクニックデー

トニー・レオンの警察官姿が萌え萌えの、ウォン・カーウァイ監督『恋する惑星』のロケ地として有名なセントラルにあるヒルサイド・エスカレーター。日曜日に訪れると、なぜかそのあたりがフィリピンの人たちでいっぱいなのです。今回一緒に旅した、もう何回来たか思い出せないレベルの香港フリークの友達によれば、日曜日は香港に働きに来ているフィリピン人メイドさんたちのお休みの日で、みんなで集まってピクニックをする習慣があるんだそう。

香港
楽しそうです。

4:工事現場の足場が竹

発展を続ける大都市ならでは、街のあちこちで新しいビルが建てられたり壊されたりと、工事現場に遭遇することも多い香港。一番驚いたのは、日本ではがっちりと鉄で組まれることが多い足場の素材が「竹」なこと!正直大丈夫か?と不安になりますが、地震のない国だからあんまり崩れる心配もないのかもしれません。竹は材料費も安く、高温多湿の土地でも錆びにくいのも人気の理由だとか。

香港
頼りないけど実はしっかりもの。

5:暖かいコーラを飲む

全然知らなかったけど、むちゃくちゃポピュラーだというホットコーラ。香港では風邪予防に良いとされ、レモンやジンジャーを足していただいたりするのだそう。興味本位で頼んでみたけれど、なかなか美味しかったです。言われてみれば身体に良いような気も…。

香港
真似してみようかな。

その他にも、普通の中華料理店のメニューに出前一丁が大抵あるとかにもちょっと驚きました。そんなコネタを見つけては「わーわー!」と騒ぐ私を、香港フリークの友人は生暖かく見守ってくれていましたが、たぶん二回目からはこんなにいちいち驚かない……はず。いや、もっとあるはずなのでやっぱり再訪したい!(みきP)

関連するトリッププラン

ページの先頭へ