トリッププランナートップ > ピックアップ > 京都の穴場エリアにある「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」宿泊レポート

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

京都の穴場エリアにある「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」宿泊レポート

更新:2017年10月03日
みきP

京都駅周辺か、四条河原町か……利便性で選ぶとついついそのあたりに泊まりたくなる京都旅。けれど、烏丸駅からちょっと歩いた静かな通りも、泊まるとなかなか雰囲気が良くて穴場だったのです。

京都通じゃない限り、「新町」と言われてもピンと来ない人も多いのではないだろうか。かくゆう私も、ブッキング・ドットコム主催のプレスツアーで「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」に泊まらなかったら、特に有名な神社仏閣があるわけでもないこのエリアをぶらつくことはなかった気がする。

けれど今回なりゆきで一晩過ごしてみたら、その観光地然としていない静かなたたずまいや、いかにも地元の人に愛されている小さなお店が点在する「穴場」感にぐっときて、かなりお気に入りのエリアになった。

ということで、今回は宿レポートにくわえて近くのおすすめグルメとあわせてご紹介です!

◎ 江戸時代から呉服問屋が並ぶ「新町通」の記憶を伝えるホテル

「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」があるのは、地下鉄烏丸線「四条」駅または阪急京都線「烏丸」から歩いて約7分の新町通沿い。なんでもこのあたりは、江戸時代は呉服問屋の大店が軒を連ねる商家街だったそうで、今も歴史を感じる町屋が連なり、なかなか良い雰囲気。

宿の周りはこんなふうに、歴史を感じる建物が連なる。

この界隈でもとりわけ大店の構えを残していた「旧松阪屋」の京都仕入店だった場所にオープンしたのが、今回ご紹介する「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」。周囲の景観を崩さない、シックな格子のエントランスが印象的な全129室のホテルだ。



旧松坂屋京都仕入店の大黒柱や梁などをエントランスに移築しているという「伝統・継承・再生」がテーマの和モダンなインテリア。ほの暗い照明も日本の古い建物ぽくていい。



入り口を入ってすぐのロビーには、吉田五十八賞や京都府文化賞功労賞などを受賞しているアーティストの小清水 漸(こしみず すすむ)が手がけた小袖の意匠のアートワークも。
決して高級ホテルではなく、平日を選べばツインで2万円以下の部屋も見つかる、女子旅にうってつけのカジュアル価格のホテルだけれど、正直驚くほどの高級感。これはかなりお値打ち!




障子窓も美しい客室。外国人比率が40%と高めなのは、きちんとコンビニエンスな設備がありながらもきっちり和を追求しているのが喜ばれるのだろう。人工炭酸泉が自慢の大浴場も外国人に受けそう。もちろん日本人にも受けている。やっぱり旅のお風呂は大きいほうがいいわ……!

朝ご飯は、1Fにある和モダンなレストラン「居様/IZAMA」でいただく「おばんざいブッフェ」。こちらもすごく人気なのだそう。



ずらりと並ぶ京のおばんざい。

正直あまり期待していなかったのにこのおばんざいがすごく美味しい。なんと日本料理界の巨匠、神田川俊郎さんが監修したのだそう。なるほど!



ちょっとずついろんなものを選ぶ楽しさ。こういう幕の内弁当、京都の伊勢丹とかで買うとものすごく高いよね……などとケチくさく感慨に耽りながら美味しくいただきました。

◎ 夜のそぞろ歩きも楽しい新町通り

さらにこのホテルの楽しいところは、ホテルの周辺のぶらぶら散歩。祇園や木屋町のような賑やかな繁華街ではないぶん、静かで隠れ家的な雰囲気があり、大人が落ち着いて過ごすにはうってつけ。

特に足を運んですごく良かったのが、ホテルから徒歩3分くらいのところにある、シックなワインバー「Deux Cochons」。10人も入ればいっぱいになってしまうこぢんまりとしたお店で、夜はすぐに満席になるほどの人気スポットだ。



このお店がこだわるのがビオワイン。しかも、生産者の顔が見える、小さなワイン醸造家のものをずらりと揃える。壁には、作り手の顔写真付きのボトルが並んでいてなかなか圧巻。



黒板には丁寧な解説もあるし、好みを言うとアドバイスもしてくれる。



席が空いて無い時は、カウンターで立ち飲みしながら待つのもいい。おつまみもどれも美味しく、ケーキなんかもあって甘党もうれしい。


ホテルから歩いてすぐのところにこんなクォリティのワインバーがあるなんて、これは定宿にしてしまう予感。

◎ 2017年9月には新ホテルブランド「ザ セレスティン京都祇園」もオープン

「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」を手がける三井ガーデンホテルズは、京都市内で手がける3つのホテルがどれも客室稼働率93%超えという勢いの良さ。そんな同社が2017年9月に京都市内4つめのホテルとしてオープンしたのが、東山の「ザ セレスティン京都祇園」。建仁寺の近くにあり、周囲には歴史ある料亭がずらりと並ぶ、ザ・京都な場所に建つ全157室のホテルだ。

ホテル内には祇園で100年以上続く日本料理の名店「八坂圓堂」も入る、三井ホテルズ初のハイクラスブランドホテル。もちろん人気の大浴場付き。

実は今回、この「八坂圓堂」の美味しい天ぷらコースも味わってきた。風情ある和風建築でいただく天ぷらコースは素晴らしく美味しく、さすがの老舗の味だったので次回はそちらも細かくフォトレポートします!(みきP)

三井ガーデンホテル京都新町 別邸 

関連するトリッププラン

ページの先頭へ