トリッププランナートップ > ピックアップ > 伊勢原の住宅街にある「北欧」へプチトリップ! 「北欧家具talo」でヴィンテージ家具探し

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

伊勢原の住宅街にある「北欧」へプチトリップ! 「北欧家具talo」でヴィンテージ家具探し

更新:2017年07月25日
みきP

2017年は、フィンランド独立100周年、日本・デンマーク外交関係樹立150周年と「北欧」が熱い!  木の文化や、ミニマルなデザインを愛する点など、何かと共通点が多い日本人は北欧デザインが大好き。できたら飛行機に乗って旅したいけど今はちょっと無理なあなたに教えたい、小田急線に乗って行ける、小さな北欧。

プチ登山で富士山の絶景も楽しめる聖地、関東総鎮護・大山阿夫利神社への玄関口で知られる小田急線の伊勢原駅。
そこからバスで約10分の住宅街に、知る人ぞ知る「北欧」がある。

『北欧家具 talo』は、200坪あるという巨大倉庫の中に、フィンランドやデンマークからやってきたヴィンテージ家具がぎっしり詰まった専門店。もとは厚木で営業していたが、約5年前にこの倉庫の魅力に惹かれて引っ越して来たのだとか。
オーナーの山口太郎さんは最近では大学で北欧ヴィンテージ家具について講義したりもする20年近いキャリアを持つバイヤー。広々とした店舗の中はまるごと北欧空間で、雑誌の撮影に使われたりもするセンスの良さだ。

店内は概ねデンマークエリアとフィンランドエリアに別れている。こちら側はデンマークの家具がいっぱい。

外観の大きさからある程度予想はしていたとはいえ、足を踏み入れてみてその規模にびっくり。床面積が広いだけでなく天井も高いので、縦横両方のスケール感で視界を埋めてくる。こんなにたくさんの北欧家具をいっぺんに見たのは生まれて初めてで、正直フィンランドを旅した時よりも興奮!

フィンランドエリアはこんな感じ。みんな大好きアルテックの家具もいーっぱい!

北欧の中でも特にデンマークとフィンランドの家具の品揃えを誇り、ハンス・J・ウェグナー、アルネ・ヤコブセン、アルヴァ・アアルトやイルマリ・タピオヴァーラなど巨匠の名作が、都内の専門店よりちょっとお得な値段で並んでいる。

ヴィンテージ家具は、殺菌、滅菌後、リペアやクリーニングを経て販売されており、椅子などの座面張り替えは生地のサンプルを見ながら選ぶことも可能。上はアルテックの椅子に、ミナ ペルホネンのファブリックでリペアした例。かわいい!!

家具だけでなく、ファブリックやラグ、食器や本等も販売している。額装すればインテリアのアクセントになりそうな、人気のインテリアショップ「アルテック」のポスター等もあったりして楽しい。

店の奥には、まだリペア前の買い付けたばかりの品も並び、そちらも見学が可能。結構すぐに売れてしまうので、お店に並ぶ前の段階で買っておきたいならぜひスタッフに声をかけて見せてもらおう。もちろん、購入した商品はリペアをしてから届けてくれる。
年に10回以上、つまりほぼ毎月買い付けに行っているので、いつ行っても新しい製品に出会えるのも嬉しい。

フィンランドが独立100周年、日本・デンマーク外交関係樹立150周年というメモリアルイヤーでもある2017年。首都圏から日帰りでいける、こんな「北欧」にプチトリップしてみるのはいかが? (みきP)

パープルのソファなど色使いも独特で参考になります!

北欧家具 talo

関連するトリッププラン

ページの先頭へ