トリッププランナートップ > ピックアップ > 【バルト三国エストニア】世界遺産のタリン旧市街で「クリスマスマーケット」を楽しもう!

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

【バルト三国エストニア】世界遺産のタリン旧市街で「クリスマスマーケット」を楽しもう!

更新:2017年11月29日
オフィシャルプランナー izumin

バルト三国のエストニアといえば、世界遺産に登録されている旧市街タリンの観光が欠かせません。

一年のなかで気温が低くなる11月下旬~1月初めには、タリン旧市街の中心であるラエコヤ広場で開催されるクリスマスマーケット目当ての観光客も増え、街はいっそう賑やかに! それでは、「タリン クリスマスマーケット 2016」の様子を写真たっぷりでお届けします。

旧市庁舎とタリンのクリスマスマーケットの風景

エストニアの「タリン クリスマスマーケット」、その歴史と概要

エストニア・タリンのクリスマスマーケットのルーツは、1441年頃に始まったといわれ、当時のヨーロッパとしては珍しく、旧市街のラエコヤ広場に大きなツリーを飾ることから始まりました。
それはまさに、広場の側に佇む旧市庁舎(北欧最古のゴシック建築様式)が建造された頃と重なります。
今日では、クリスマスならではのオーナメントや工芸品、ニット、雑貨、温かい食べ物や飲み物などの屋台が建ち並び、イベントが催される舞台、回転木馬、煌びやかな観光用ミニトレインがクリスマスムードを高めています。

クリスマスマーケットは昼から夜までを通して開催され、時間帯ごとの印象が少し異なるのも面白いです。
たとえば、以下の聖霊教会のてっぺん、舞台をバックに撮影した同じ角度の写真を見比べてみても分かりませんか?

ツリーの向こうに聖霊教会を望む

クリスマスマーケット開催時期のタリンの日照時間(11月下旬~1月初め)は、朝の9時過ぎから夕方15時過ぎまでの約6時間と短く、日本と比べて日が落ちるのもあっという間。
個人的におすすめしたい、クリスマスマーケット訪問時間帯は、もちろん日没後なので、昼間に旧市街の観光巡りをした後でもたっぷり楽しめます。

それでは、「タリン クリスマスマーケット 2016」で撮影してきた写真を一挙大公開します!

雑貨やお土産にサンタクロースも!「タリン クリスマスマーケット 2016」の見どころ

様々なクリスマスオーナメントを扱うお店。こぢんまりとした店内には、ガラス製品や手芸の飾り、リースなどがあり、いずれもお手頃価格で販売されています。

一つずつ表情の異なるオーナメントにも胸キュン! 品定めに夢中で...一番長居してしまいました。

木工細工、キャンドル、クリスマスツリーなどなど。どれもこれも可愛い!!

タリンの街中でも季節問わず販売されている、手袋、マフラー、帽子などの防寒具製品。

クリスマスマーケットの時期はマイナス気温が続くので、是非とも現地でお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。
ミトン一つとっても、デザインや刺繍も異なるので、じっくり選んでみて下さいね。

目に飛び込んでくるもの全てがカラフル! それでいて、どこか温かみあるアイテムばかりで、心くすぐられます。

キッチンリネンだって充実のラインナップ。レース製品もステキ...♪

動物を描いたアイテムも多かったのですが、ランチョマットは、クリスマスシーズン以外でも使えそうなシックなデザインもありました。

買い物に夢中になりながら歩いていたならば、大行列中の小屋を発見。さて、この先には一体何が??

なんと! サンタクロースの小屋でした。
子どもだけで無く大人たちまでも、サンタクロースとの記念撮影に大はしゃぎ。
はるばるタリンのクリスマスマーケットに来たならば、2ショット撮影も実現させちゃいましょうね。

ちなみにですが、12時~18時半に来れば、誰でも会うことが出来ますよ♪

サンタクロースに出逢い大興奮したところで、そろそろお腹が減ってきたのでは...? 続いては、温かい飲み物や食べ物でホッと一息ついてみようではありませんか。

タリンのクリスマスマーケットで美味しい食べ歩き

北欧で親しまれている温かい飲み物Glögg(グロッグ)は、ウォッカなどの蒸留酒にベリージュースやスパイスを入れて温めているのだとか。
お好みでナッツ類やドライフルーツ、オレンジを入れてから飲めば、冷え切った体の芯もホクホクしてきます。

ソーセージ、ザワークラウト、ポテト、サーモンなど、食べ応えのある料理もたくさん。お友達と仲良くシェアしながら、本場の味を確かめてみましょう。

タリン名物のマジパンやジンジャークッキーをはじめ、色鮮やかなキャンディー、チーズや肉の加工品など、お土産用の食べ物も豊富!

いかがでしたか?

エストニア・タリンのクリスマスマーケットは、どの屋台を巡っても心がときめくものばかり。
夜になるとぐっと冷え込みますが、見るもの全てが新鮮なので、寒さも吹き飛ぶくらいエンジョイしてしまうはずです。
なお、お買い物時にカードが使えないので、ユーロを持ち合わせおくことを忘れずに。(izumin)

タリンクリスマスマーケット

https://www.facebook.com/jouluturg

関連するトリッププラン

ページの先頭へ