トリッププランナートップ > ピックアップ > おいしそうすぎてごめんなさい!「フォートナム・アンド・メイソン」ロンドン本店のアフタヌーンティーをたっぷりフォトレポート

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォートナムアンドメイソン
Vol.44

おいしそうすぎてごめんなさい!「フォートナム&メイソン」ロンドン本店のアフタヌーンティーをフォトレポート

トリッププランナー編集部

About マンチェスター&ロンドンの旅

キャセイパシフィック航空と英国政府観光庁が共同でブロガーやオンライン旅メディア運営者を対象に参加者を公募した旅企画。トリッププランナーも選出され、 1月30日から2月5日まで旅してきました。旅程や参加ブロガー詳細はこちら⇒キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドン ブロガー体験レポートの旅!

日本でも緑の紅茶缶がすっかりおなじみ、1707年創業、英王室御用達の高級食材ブランド「フォートナム・アンド・メイソン」。
その本店、ピカデリーにある五階建ての瀟洒な洋館でのアフタヌーンティーは、ロンドン観光の鉄板アクティビティの一つと言っても過言ではありません……ということで、たっぷり体験してまいりました。
焼きたてのほくほくのスコーンが、とろり濃厚なクロテッドクリームが、かぐわしい紅茶の香りが、ガーリーなインテリアが……ああ、もう何もかもたまらなかった夢のひとときを、せめて少しでもお伝えできればとほぼ写真ばかりのフォトレポート。意外と知らなかったコネタもあるので、訪れる方はぜひご参考に。

創業300周年を迎えた2007年に大リニューアルされた店内は、天窓からやわらかい光が差し込む明るい雰囲気。確かに以前訪れた時のクラシックなイメージと違って、とてもモダンな印象です。

フォートナムアンドメイソン
窓際はたっぷりの日差しを受けて気持ちがいい
フォートナムアンドメイソン
この椅子、売ってくれないかしら?

さて、いよいよ着席。エメラルドグリーンのメニューに心躍ります。

フォートナムアンドメイソン
幸せを運んでくれそうな小鳥ちゃん
フォートナムアンドメイソン
「きゃあああ」と声を上げてしまうお皿が到着!

アフタヌーンティーといえば、なスコーンが到着しました。「ふかふか」なイメージの焼きたてのスコーンは、なんと「ピカピカ」です……!

フォートナムアンドメイソン
表面が輝いているのをご覧ください。

そして、下はクリームブリュレ……ではなく、実はクロテッドクリーム。正直、日本ではスプーンひとさじぐらいの量が添えられているのしか見たことなかったので、一瞬なんだかわからなかったことを告白します。こんなにいっぱいあるなら、たっぷりたっぷり載せて、頂いてもいいんですよね?

フォートナムアンドメイソン
大きめのプリンくらいの量のクロテッドクリーム。

いただきます!

フォートナムアンドメイソン
ほろりと崩れそうなスコーンをクロテッドクリームで包み込んでパクリ。

サクッ、ほろっ。ああ、美味しすぎます。焼きたてのスコーンってこんなに繊細なのですね……。口の中いっぱいに優しい味が広がります。

さて、お次は名傍役というイメージだけど、なかなかどうして印象的なサンドイッチ。さっくり軽妙なパンと、上品な塩気のキュウリ、うまみたっぷりのサーモンが絶品です。

フォートナムアンドメイソン
これでお腹をいっぱいにしてはならない、のだけど止まらない!
フォートナムアンドメイソン
ちょっと落ち着いて美味しい紅茶でひとやすみ。やっぱりこのグリーンの器、素敵すぎますね。
フォートナムアンドメイソン
その他、フルーツ、焼き菓子、ケーキなどどうしていいかわからないほど並ぶ美味しそうなものたち。

知らなかったのですが、ここでのアフタヌーンティーはおかわり自由。テーブルのお皿以外にもワゴンに載ったケーキ類なども取り放題とあって、あれも食べたいこれも食べたいで脳内はちょっとしたパニックに。しかし、残念ながら脳内は容量制限なしですが胃の方はさすがにそろそろ限界が。そんなときに、ビッグニュース!

フォートナムアンドメイソン
王子様が何かを持って来てくれました。

なんと、これまた知らなかったのですが、食べ残したケーキなどはお持ち帰りが出来るのです! サンドイッチはNGですが、ケーキやジャムなど、ドギーバックを頼むとかわいい箱詰めにしてくれます。

この幸せを持ち帰れるとわかって気持ちが落ち着いた後は、本店内のわくわくショッピングへゴー! フォートナム・アンド・メイソン本店は、もはや百貨店と言ってもいいほどの品揃えを誇り、おなじみの紅茶やビスケットなどの食料品以外も、コスメや文具、食器まであるのです。老舗の目で選び抜かれた英国の上質な品々を探してとっておきのお土産にしてみては?(text by トリッププランナー編集部みきP、2015年4月2日)

過去のピックアップ一覧はこちら

関連するトリッププラン

ページの先頭へ