トリッププランナートップ > ピックアップ > 吉祥寺の台湾カフェ「月和茶」(ゆえふうちゃ)で始まったかき氷が美味しすぎました…!

ピックアップ

旅やおでかけの達人インタビューや、おすすめの旅先レポートなどをお伝えする特集コーナーです。

吉祥寺の台湾カフェ「月和茶」(ゆえふうちゃ)で始まったかき氷が美味しすぎました…!

更新:2017年05月18日
みきP

吉祥寺で人気の台湾カフェで、夏期限定のかき氷がスタート。生フルーツたっぷり、アイスクリームやゼリーもたっぷり載った食べ応え満点の夏のお楽しみ。台湾を旅している気分になれるノスタルジックなインテリアも素敵な人気店です。

吉祥寺、雑貨やライフスタイルショップ、かわいいカフェなどがひしめく、「東急裏」エリアにある人気の台湾カフェ、「月和茶」(ゆえふうちゃ)。
台湾出身のオーナーが営むお店ならでは、台湾の茶藝館そのもののような雰囲気も素敵なお店です。看板メニューは、みんな大好き魯肉飯(ルーローハン)。

そんな人気店で、フルーツたっぷりのかき氷が始まったと聞きつけて、さっそく食べに行って来ましたよ。

じゃん! こちらが5月からスタートした、「双色水果霜球雪綿冰」。

生のいちごとマンゴーがたっぷり載ったかき氷には、生の果物から手づくりしたというパイナップルソースといちごソースがたっぷりとかけられています。赤と黄色の元気が出るカラーリングにときめきもマックス!

え、マンゴー部分がよく見えない? 失礼しました。違うアングルからの写真を追加しましょう。

写真だとわかりにくいですが、生マンゴーの下にはマンゴージェラート、生いちごの下にはいちごのジェラートもスタンバイしています。このジェラートが結構しっかりした量なので、アイスクリーム好きも大満足。

四角いかたちの杏仁豆腐のように見えるのはココナッツゼリー。この他、洛神(ハイビスカス)のゼリーも隠れています。

「台湾に来ています」というコメントとともにインスタにアップしたい衝動に駆られる異国感。

日本の最近のふわふわかき氷に比べれば、ややしっかりめのシャリシャリ感も食べごたえのあるかき氷はヨーグルト風味。これがまた爽やかでいいのです。自然と「あーーー、生き返る!」とつぶやいてしまう味といえばいいでしょうか。暑い季節にはたまらない台湾デザート。

ちなみに、かき氷タイムは15時から18時。正直かなり量が多いので、小食の人はシェアしてもいいかも。吉祥寺の雑貨屋さんめぐりで疲れたら、この清涼感いっぱいのかき氷で生き返って!(みきP)

月和茶

関連するトリッププラン

ページの先頭へ